【宅建】通信講座の市販テキストを徹底比較!カリスマ講師の実力がすごい

記事の所要時間:約 5 分

資格受験校へ通学する費用の半額以下で済む通信講座は、合格率も高く、費用対効果が高いことから、近年、受講生数が、伸び続けています。

そんな宅建の通信講座でも市販テキストを販売していることをご存知ですか?

急成長中の通信講座の宅建テキストには、宅建試験のノウハウが凝縮されています。

そして通信講座の看板の講師が書いたテキストには、それぞれの講師の個性やこだわりが詰まっています。

ここでは、知らないと損する宅建の通信講座の市販テキストについてです。

おすすめするポイントは、各通信講座ごとに違うので、それぞれ比較してみてください。

★ 宅建の直前対策用の模試テキストの紹介はこちら >>>宅建テキスト(予想模試)はどれがおすすめ?カリスマ講師が選ぶベスト3

【宅建】通信講座の市販テキストを徹底比較!カリスマ講師の実力がすごい

通信講座【市販の宅建テキスト】2019年度を比較

カリスマ講師の実力と実績でテキストを選べます。

基本書、参考書や問題集は、著者である宅建講師の魅力で選ぶ受験生も増えています。

宅建の資格業界でカリスマ的な人気がある講師達のテキストを紹介します。

全国平均4.25倍の高い合格率フォーサイト

宅建テキスト:3ヵ月で宅建 本当は教えたくない究極の宅建合格メソッドの画像

(引用:「「フォーサイト3ヶ月で宅建」 本当は教えたくない究極の宅建合格メソッド」より

宅建の合格率全国平均4.54倍で、合格率NO1の通信講座が「フォーサイト」です。

基本書や参考書とは違いますが、宅建の勉強法の参考になります。

「3ヵ月で宅建 本当は教えたくない究極の宅建合格メソッド」では、効率の良い勉強法がまとめられています。

4つの戦略的勉強パターン! ・科目別攻略法 ・勉強のコツ 6箇条! など、知っていると試験に有利になる情報が満載です。

3ヶ月で宅建の価格と特徴

書籍名

★「3ヶ月で宅建:「フォーサイト 」

価格とページ数

フォーサイトで資料請求or 申込をすれば無料 

P 250

内容と特徴

・宅建試験の傾向と対策がわかる

・科目別に宅建の勉強法がわかる

年代別の合格者の体験談と勉強法紹介

私が特に参考になったのは、「年代別の勉強法」「合格者の体験記」です。

学習のモチベーションが落ちている時に読むと、元気になれます。

★ 本の内容について詳しくは>>>「宅建フォーサイトのテキスト「3ヶ月で宅建」を徹底レビュー!究極の合格メソッドとは?」

以前は、本屋でも市販本として、売っていたのですが、最近はネットの中古本でしか、手に入らないくなりました。

「公式サイト:フォーサイト」で資料請求するか、受講申し込みをすれば、無料でもらえます。

全国平均4.54倍のダントツに高い宅建合格率を出せるフォーサイトの合格メソッドの秘密がわかります。

★ フォーサイトについて>>>【宅建フォーサイト】評判と口コミは?宅建に合格した私が合格率70.8%を検証!

通信講座の王者 ユーキャンは安定感が抜群

開講30年以上の通信講座で有名な「ユーキャン」は、初心者向けの丁寧な解説に定評があります。

ユーキャン宅建士試験研究会が編集した市販テキストは、長年の添削ノウハウが結集しています。

宅建おすすめユーキャン(u-can)のテキスト画像宅建テキスト:ユーキャンの直前論点集の画像

(引用:ユーキャン(U-can)「宅建士」シリーズの画像)

ユーキャン「宅建士」市販テキストの価格と特徴

購入先リンク 価格  内容と特徴 ページ数
★ 「速習レッスン」 定価 3,024(税込)

・インプットはこれ1冊でOK!

・「重要度」「頻出度」を表示 

P 728

★ 「テーマ別問題集

定価 2,700円

(税込)

模試付きの問題集で得点力をアップ

・速習レッスンの復習が可能

p 580
★「 過去12年問題集

定価 2,808円(税込)

・過去12年の全問に合格者正答率

・最もページ数が多く解説が充実

P 856
★「これだけ一問一答」

定価 1,944円
(税込)

800問の○×問題と要点まとめ

p 432
★「ギガ速合格宅建士

定価 2,376円(税込)

試験出題予想論点つきの付録付き

・フルカラー図解で要点が簡潔にまとまる

・章末確認テスト付き

p 456

ユーキャンの解説のわかりやすさは、他のテキストの中でも群を抜きます。

「まんが入門」と「速習レッスン」は、理解しやすい解説と豊富な具体例で基礎力を固められます。

3冊の「問題集」で、理解度の把握と弱点を発見し実力を身につけられます。

私の特におすすめは「テーマ別の問題集」です。

このテキストの巻末は、実力チェック模試が付くサービスぶりです。

時間に余裕がある人は、全部こなすのが理想ですが、時間が無い人は「速習レッスン」と「過去12年間問題集」だけでも十分実力がつきます。

ユーキャンの市販テキストについて詳しくは、「宅建テキストユーキャンシリーズの紹介」を読んでみてください。

スタケンと法人研修の合格率93.2%のスタケンの田中講師

スマホで気軽に勉強できる人気の宅建アプリ「スタケン」の監修者だと言えばわかる人は多いのでは?

この田中講師の著書は、解説が分かりやすいので注目です。

スタンダードな参考書や問題集でしっかりと勉強した人にはおすすめのシリーズです。

うかるぞ宅建シリーズ「基本テキスト」「要点整理」「過去問」の画像

(引用:KENビジネススクール「うかるぞ宅建士シリーズ」の画像)

「うかるぞ宅建士」シリーズの価格と特徴

購入先リンク 価格  内容と特徴 ページ数
★ 基本テキスト 定価 3,240円(税込)

・フルカラーと図解が見やすい

・科目ごとに切り離し可能

・全範囲を網羅

P 684

★ 要点整理

定価 2,160円

(税込)

・出題頻度が高い分野のみ。プラス10点を狙う p320

★ 過去問12年

定価 2,700円(税込)

・過去12年間の充実した解説

・解説は同時に見開きページで見れる。

P 600

うかるぞ宅建シリーズを購入すると、様々な読者特典があります。

詳しい説明は【宅建】スタケンアプリで有名な合格率93.2%のカリスマ講師のテキスト

実は、スタケンは、法人の社員研修では、宅建士の合格率93.2%を叩き出す、頑張る人の合格率も成果が出る学習カリキュラムです。

個人的には、もっと受験生に知ってもらいたいテキストと講座です。

実際に私は、著者の田中先生の宅建士の通信講座は受講しましたが、実に話が面白いです。

「▲ 宅建テキストの比較記事に戻る

宅建の再受験に最適!スタディング(Studying)人気の竹原講師

受講生が3万人を突破した急成長中の通信講座【スタディング(STUDYing】の市販テキストも見逃せません

宅建受験業界のカリスマ講師:竹原先生の待望の基本書には、合格ポイントをコンパクトにまとめています。

宅建スタディング(Studying)リトライ合格宅建士のテキスト画像

(引用:スタディング(Studying)「リトライ合格宅建士」の画像)

リトライ合格宅建士の価格と特徴

購入先リンク 価格  内容と特徴 ページ数
★ 基本テキスト 定価 2,484円(税込)

・141項目527問+合格のポイント

再受験者におすすめ

P 304

スタディングの旧名は、通勤講座で、通勤時間に効率よく勉強できるように工夫された講座です。

受講生の半分以上が合格するスタディングの宅建講座の合格ノウハウが習得できる1冊です。

試験に出題されるポイントを通勤時間にサラリと学習したい人には特におすすめです。

ただ、初学の受験生には、少し内容が足りないかもしれません。

初受験の人よりは、再受験用にも最適なテキストです。

宅建士の再受験用のテキストを探している人は 「再受験におすすめのテキストを検証」がおすすめです。

【資格スクエア】脳科学の勉強法で有名な鬼頭講師

AI(人工知能)を使用した脳科学の勉強法で、マスコミにも話題の資格スクエアのテキストです。

「東大卒⇨弁護士一発合格」宅建をはじめ数々の難関資格を短期間で取得。

受験生のカリスマ的な存在である鬼頭氏が監修しています。

宅建テキスト「クラウド宅建士」OUTPUTの画像

(引用:資格スクエア「クラウド宅建士」の画像)

クラウド宅建士の価格と特徴

購入先リンク 価格  内容と特徴 ページ数
資格スクエア「クラウド宅建士」 定価 2,700円(税込)

・脳科学に基づく究極の学習法

アウトプット学習に最適

P 586

過去問を徹底分析し、覚えやすくしたテキストです。

学習を進めると、自然に宅建士に出題される重要事項が記憶できます。

資格スクエアは法律系の資格取得を中心に、「脳科学の勉強法を使った講座」を運営しています。

特許を取った学習法に裏付けされたテキストは、最短の勉強時間で最大の効果が上がります。

詳しくは「脳科学で効果を上げる資格スクエア「クラウド宅建士」」で紹介しています。

宅建出題率95.9%「史上最強の宅建士テキスト」の家坂講師

宅建試験の出題率が高いことで注目されているのが「史上最強の宅建士テキスト」です。

著者の家入講師は、東大法学部卒で、「楽に」「確実に」合格するための学習メソッドを編み出しました。

史上最強の宅建士テキスト出題カバー率95.9%のテキスト画像

(引用画像「史上最強の宅建士テキスト」より)

「史上最強の宅建士テキスト」の価格と特徴

購入先リンク 価格  内容と特徴 ページ数

★「史上最強の宅建士テキスト

定価 3,132円

(税込)

・カラー図解のポイントで、基礎から直前チェックまで1冊で完結

・最新の試験問題の95.9%をカバー

「過去問SELECT50」付き!

P 688

家坂講師のキャリアは20年を超え、宅建士をはじめ行政書士、公務員試験などの受験指導で高い実績があります。

覚える内容が多くても、見やすい解説でポイントがまとめてあるので、暗記しやすいです。

カラーで解説がわかりやすいので、初心者には特におすすめの1冊です。

詳しくは「史上最強の宅建士テキスト」宅建試験の出題率95.9%のテキストを検証

民法の基礎力重視の宅建対策に実績がある串田講師

宅建試験で民法につまづいた人は、民法の教え方では特に実績のある串田講師のテキストがおすすめです。

特に民法が6割を占める「1回で合格するための宅建士」は、ただの暗記ではなく、基本項目を理解して覚える事を重視しています。

宅建テキスト「1回で合格するための宅建士」

(引用画像「史上最強の宅建士テキスト」より)

専用ブログで、最新の試験対策ができるのも嬉しいフォローです。

「1回で合格するための宅建士」の価格と特徴

購入先リンク 価格  内容と特徴 ページ数

★「1回で合格するための宅建士

定価 1,404円

(税込)

専用ブログで法改正と統計をフォロー

・民法関係が基礎から最も充実

P 231

★「どんどん解ける宅建士

定価 2,484円

(税込)

最重要の過去問からイラストと図表で重点解説

・専用ブログで法改正と統計をフォロー

p 575

★「過去7年問題集

定価 1,728円

(税込)

・過去7年間(平成30年〜24年間)分量を絞りたい人向け

最新法改正にも完全対応! 

p 271

民法は、他のテキストの中でも最も充実しています。

★詳しくは「宅建テキスト:民法の基礎力重視と過去7年問題集の独自路線で合格

ただ、民法よりも宅建業法の科目に力を入れたい人には他のテキストの方が合います。

また、分厚い過去12年分の問題集が苦手な人は、同シリーズの過去7年間問題集もおすすめです。

直近の問題、過去7年分が出題される可能性が高いので、中途半端に12年間を解くよりも、7年間分を完全マスターする方が、足切り点は取れます。

「▲ 宅建テキストの比較記事に戻る

通信講座の市販テキストが【人気ランキング】に入らない理由

通信講座の市販テキストは、質が高いコンテンツを提供しています。

しかし、TACやLECなどの大手の受験校のテキストに比べれば、まだまだ知名度は低いです。

Amazonでは、売れ筋のテキストが上位から公開されていますが、「宅建・不動産関係資格部門」では、ほとんどランクインしていません。

 

これは、通信講座は、市販の宅建テキストの認知度が高くないことが、よくわかります。

そんな通信講座の講師にとっては、市販のテキストを出版することで、知名度や信頼度をあげることができます。

このような理由から、宅建受験者が通信講座を比較検討するときには、主任講師が書いた市販のテキストは役立ちます。

合格請負人のプロ達の教え方は、料理の名店のように味があります。

宅建テキストおすすめは?名店のような宅建テキストを探そう

(引用画像:カッパリーナさんによる写真ACからの写真 )

各通信講座が、長年積み上げた試験対策やノウハウを知ることができます。

宅建テキストの穴場を探すつもりで、検討してみてください。

宅建士の効率の良い勉強法が知りたい人は、「宅建士に一発合格した私の勉強法と体験談」も読んでみてください。