宅建テキスト【タキザワ】動画講義とテキストで合格に導くタキザワ講師が凄い理由

【宅建テキスト➕動画講義】で宅建の受験生を虜にしている講師がいます。

宅建の受験業界では、知る人ぞ知る「タキザワ宅建予備校」を経営する瀧澤宏之講師です。

実はこのタキザワ宅建予備校は、本格的なWEBスクールでは日本で草分け的な存在です。

この受験指導法は、後に続く資格学校が参考にして、独自の勉強法を編み出すきっかけにもなりました。

特に「タキザワメソッド」と呼ばれる択一別の過去問演習を中心とした学習は、多くの合格者を輩出してきた実績があります。

このタキザワの宅建のテキストは、著者の講師が、市販テキストを買えば無料で動画講義が視聴できるのもメリットがあります。

出題傾向と合格ラインを予測し、試験に出題される重要事項を重点的に学習できる動画付きのテキストは、高い評価を得ています。

ここでは、多くの熱狂的な宅建の受講生ファンがいる「タキザワ」テキストの秘密に迫ります!

宅建テキスト【タキザワ】テキストと動画講義の両輪で合格に導くベテラン講師の技が光る

宅建テキスト「タキザワ」は瀧澤先生の信頼感がすごい!

タキザワのテキストの口コミなどを読んでると、瀧澤(タキザワ)講師への受験生の信頼感がすごいです。

宅建テキスト「タキザワ」の瀧澤講師の写真

(引用:瀧澤講師のプロフィール写真「Amazonより」)

滝澤講師の他にない強みは3つです。

  • 大手受験予備校の講師を経験
  • 自前で宅建試験対策の動画講義を発信
  • 受験業界で長い指導実績で合格者輩出にかけては超ベテラン

タキザワの宅建講座は、都市銀行や大手ハウスメーカーなどの企業研修でも採用されています。

他にも瀧澤講師は、有名大学内での宅建講座を多数歴任しています。

また、公務員講座の主任講師としても活躍など、法律科目や面接指導にも強いです。

トータルで受験生に関わり、指導することで多くの合格実績を出しています。

そんな瀧澤講師は、資格試験の新人講師の教育指導も担当するほど、宅建士の受験業界ではベテランです。

瀧澤講師の直前講座は、受験生が最後の神頼みのような状態になっているそうです。

宅建テキスト動画講義付き「タキザワ」テキスト

「タキザワ」の宅建テキストは、科目別に3冊あります。

それぞれのテキストの内容に沿って解説動画が視聴できます。

また、LINEに登録すると毎日、問題を送ってくれなど、至れり尽くせりです。

2020年版 宅建士基本テキスト「タキザワ講義付き。」



2019年版 宅建士基本テキスト「タキザワ講義付き。」vol.1

権利関係



宅建の受験指導が長い講師は、民法を教えるのが得意です。

最近では、配点が高い宅建業法の攻略で得点を稼ぐ受験指導が主流ですが、宅建業法を理解する上でも民法は基礎になります。

タキザワは民法の教え方に定評があるので、権利関係が苦手な人にも安心の教科書です。

2019年版 宅建士基本テキスト「タキザワ講義付き。」vol.2

法令上の制限・税その他



法令上の制限などは暗記量が多いので、建築分野になじみがない受験生には大変ですが、タキザワの「テキスト+動画」は覚えやすいです。

暗記をしやすくする方法が、動画(インプット)と問題演習(アウトプット)の「タキザワメソッド」です。

テキストに付属するWEBの動画講義を1本視聴すれば、すぐに肢別問題をやると思った以上に記憶に定着します。

2019年版 宅建士基本テキスト「タキザワ講義付き。」vol.3

宅建業法



宅建業法は、1番の得点源なので確実に取りたいところですが、この宅建業法でもタキザワは期待を裏切りません。

テキスト1、2と順番に学習していけば、3の宅建業法では、他の科目の基礎知識があるので理解しやすいです。

難解な分野でも理解しやすい

Amazonのレビューの読んでいると、タキザワ講師のテキスト、過去問と無料の動画講座のみで合格した受験生もいます。

会社の指導者の推奨テキストです。
これらとYouTubeの動画に模試をやれば宅建の資格取得は問題ないとの説明でした。

(引用:Amazonより)

会社で宅建業を指導しているプロがすすめるテキストなので、質の高さに信頼感があります。

宅建初学者です。タキザワ先生の講義を受けるまで宅建マンガを読みました。

マンガなので読みやすいが理解できないところもあり、色々ググってタキザワ講義にたどり着きました。

難しい内容なのにもかかわらず、テキストと講義を受けているとスルスルと頭に入って来るので不思議です。

(引用:Amazonより)

テキストと動画を両方で学習すると、効果が上がっていることがわかります。

宅建テキストが動画講義と連動するタキザワ

YouTubeで発信している動画講義で、テキストだけでは理解しにくい部分を補充する役割もあります。

【テキストと動画講義の内容】

YouTube  解説講義2時間×10回(本年度新収録)
価格

・「タキザワ宅建予備校の基本テキスト」
 1冊 890円(税別)

本のサイズ A5サイズ 2色刷り
利用できるサービス ・「タキザワ宅建予備校」の無料サービス
・WEBスクール「校内テスト」
・「質問広場」

キザワ宅建予備校が運営する宅建受験対策では、有料講座もありますが、テキストを購入した受講生は解説講義を聞くことができます。

テキストの内容と動画講座が連動すると、通信講座並みに試験対策ができます。

特に択肢別の問題集」と「基礎問題」を併用して解いていくと実力がつきます。

宅建テキスト「タキザワ」の口コミ評判と実績

基本事項が理解できれは、応用問題も解けるようになるし、試験の全体像が把握できます。

単なる暗記で終わらせる訳ではなく、タキザワ講師の講義は、とことん受講生が疑問に感じそうな箇所の理由まで丁寧に説明しています。

難解な民法の流れもすんなり頭に入ると評判です。

タキザワ先生の講義を受けて、なるほどー、そういうことか、と思うことが多くて、法律って面白いんだ!と思えるようになりました。

去年もタキザワ先生の本を買ったのですが、私事で春前に勉強をやめてしまいました。だから、今年こそは最後までお世話になろうと思って、vol2もセットで購入しました。

これから宅建を勉強する人にも、おすすめの本です

(引用:Amazonより)

法律って面白いと感じられるようになれば、宅建士の試験に半分勝ったようなものです。

宅建士に挑戦するメリットの一つは、民法などの法律の基礎知識が身につくことです。

テキストを読み、過去問を解き、理解不足を補うためにテキストに戻るのサイクルを繰り返すと合格点が取れます。

民法、業法、税法、法令上の制限はテキストを読んでも???だった所も講義を受ければ疑問が残りません。

講義を受けた後、テキストをチェックペンを使って読む→テキスト該当箇所の脚別過去問をやる→テキスト読み込み→脚別過去問

これらのサイクルをこなせば合格点はしっかり取れます。

(引用:Amazonより)

ネット本体の「タキザワ宅建予備校」に関しては、使用しているテキストが同じだという指摘もあります

予備校本体販売テキスト B5 1色刷 3冊セットで3780円
本品          A5 2色刷 3冊セットに2883円 (いずれも定価・税込)

内容の比較はしていませんが、恐らく同じと思われます。

大きさと2色刷かどうか?で選ぶことになりそうですね。

(引用:Amazonより)

テキストと付属で付いてくる動画講義だけで合格できれば、安いものです。

テキストと相性が良く、頑張れそうな人は、「タキザワ」に集中して勉強するのも良いかもしれません。

▼ 宅建士テキストについて色々と探したい人は、宅建テキストの探し方のコツを公開!

「【宅建テキストを徹底比較】独学におすすめ人気シリーズ15をすべて公開」で穴場のテキストが見つけられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加