【宅建テキスト】 レック( LEC)は基本がしっかり身につく実力派テキスト

創業40年の受験予備校LEC東京リーガルマインド【略称:レック(LEC)】が出版する宅建テキストは、根強い人気があります。

全国展開するレックは、国家資格・公務員試験受験指導が有名ですが、宅建合格率は、直前の模擬試験を受けた受講生に限れば、7割を超えます。

自分の理解度が確認がしやすく、レベルに合う教材が選べると定評があるレック。

2019年度は、法改正や応用問題も多数出題されましたが、改めて基本の重要さがわかります。

『きほん』が身につくシリーズ ! を紹介します。

宅建テキストLEC(レック)きほんの宅建士シリーズ写真

 レック( LEC)【宅建士合格のトリセツ】基本テキスト

宅建レック( LEC)【宅建士合格のトリセツ】基本テキストの特徴

★初心者でもわかりやすい分量を絞った分割型のテキスト

  • 図表・イラストを多数掲載
  • 分野ごとに分冊できるセパレート型の製本
  • 気になる箇所に自由に貼れるオリジナルの付箋付き
  • 出題傾向にあわせた重要度ランクを表示
  • 過去問題も掲載

初めて宅建士資格試験を受験する人でも合格できるように、基礎問題を重視しています。

本テキストは、基本となる知識をしっかりおさえることに着目しています。

確実に得点できる基礎問題を学びたい受験生に特におすすめです。

良い点

  • 分野ごとにセパレートでき、持ち歩きが楽で読みやすい
  • テキストには適度に余白が設けられているので、読んでいて飽きない
  • 初心者が解き難い問題は少なく、基礎から楽に勉強できる。

悪い点

  • 宅建は暗記量が多いので、160頁弱の本テキストでは内容不足
  • このテキストだけでは合格しない、別の参考書と並行して学習する必要がある

2020年レック( LEC)宅建士合格のトリセツ】基本問題集

「はじめてさんでも完走できる」がコンセプト。

合格に必要な300問が厳選されています。

宅建レック( LEC)宅建士合格のトリセツ】問題集の特徴

★『初心者が宅建士に合格できる! 』にこだわる厳選300問の問題集

  • LEC宅建士試験部が合格に必要な300問を厳選
  • インデックスシールやチェックシール&シート付き
  • 問題の理解度を管理できるシート

左ページに問題文、右ページに解説文を記載し、ページをめくらなくても見開きで完結するページ構成になっている本テキストは、集中してしっかり基礎を学びたい方におすすめです。

良い点

  • 「権利関係」「宅建業法」「法令上の制限」の3編ごとに取り外せるので持ち歩きに便利
  • 分かりやすい言い回しで、イラストや図解を多く使用しているので分かりやすい

悪い点

  • カラー刷りの優しい言い回しは、人によっては子供っぽく感じるかも
  • 基本を学べる問題集だが、この一冊だけで合格は無理。
    他の参考書と併用する必要ある

2020年レック( LEC)【出る順宅建士 合格テキスト】

長年、受験生に支持され続けたロングセラーのテキストです。

フルカラーではなく、イラストや図解も多くはありません。

2020年度に大きく試験の出題内容も変わると言われている法令改正にも万全の対応。

どこがどう変わるのか?

ポイントが丁寧に説明されています。

権利関係:レック( LEC)【出る順宅建士テキスト】2020

宅建業法:レック( LEC)【出る順宅建士テキスト】2020

法令上の制限・税その他:レック( LEC)【出る順宅建士テキスト】2020

宅建レック( LEC)【出る順宅建士 合格テキスト】の特徴

★基礎+難易度・高の問題にも対応、万全の実力がつく、LEC定番の出る順テキスト

・出題傾向に合わせた勉強方法のアドバイス「学習内容のポイント」

重要度ランク(A・B・C)を表示

・各単元の過去10年間の出題率のデータも掲載

・関係する重要条文や本試験の過去問を掲載。

「何を学ぶのか?」が一目瞭然で分かる本テキストは、試験で問われやすい箇所が分かる、

重要度別(A・B・C)で解説されているのが特徴です。

より理解を深め、知識を定着したい人におすすめのテキストとなっています。

良い点

  • 法律用語にフリガナがマメに振られている
  • 重要な条文は略さず丸ごと掲載されているので、調べる手間が省ける
  • イラストや図解が多く、丁寧に分かりやすく解説されている

悪い点

  • 民法について多少知識があることを前提に書いているので、初心者向きではない
  • 「出る順シリーズ」はたくさん出ているので、全部を揃えるのが大変

レック( LEC)【出る順宅建士・ウォーク問過去問題集】

出る順宅建士のテキスト(参考書)と連動した問題集です。

 「出る順宅建士」シリーズの中では、過去問題集はロングセラーの人気です。

権利関係出る順宅建士・ウォーク問過去問題集】

宅建業法出る順宅建士・ウォーク問過去問題集】

法令上の制限・税その他出る順宅建士・ウォーク問過去問題集】

宅建レック( LEC)【出る順宅建士ウォーク問過去問題集】の特徴

「出る順宅建士 過去問題集」は、宅建の本試験に万全対応する定番の過去問題集です。

1. 権利関係 」「2.宅建業法」「3.法令上の制限・税その他」の3シリーズです。

近年の出題傾向に対応し、基礎力と応用力の両方に対応した実力が身に付きます。

・コンパクトサイズ  B6サイズ(コミック本程度)

・過去30年間分の重要過去問・最新の法改正にも対応する試験問題を収録

・解説は「出る順宅建士テキスト」で該当するページ番号を記載。復習がしやすい

良い点

どこでも持ち運びやすい、要点が最低限にまとまった解説

用語の説明、条文・判例知識までほぼ網羅した充実の過去問題

・本試験の定番問題の出題率が高いロングセラーの問題集

悪い点

3冊全部を均等に解くと、得点源になる宅建業法の勉強が手薄になる

・出る順宅建士のテキストと連動、参考書が別のシリーズだとページが連動しない

使うポイント

★ 1冊200問以上はあるので、3冊全てを解くと結構なボリュームになります。

問題集を3冊分学習する時間がない人は、もっと厳選された少な目の過去問題集がおすすめです。

また、3冊を全て購入する人は、20問も出題される得点しやすい宅建業法に重点を置いて学習して下さい。

下記で紹介する重要事項のポイントを絞った過去問題集「逆解き式! 最重要ポイント555」もおすすめです。

出る順宅建士 逆解き式! 最重要ポイント555

模試おすすめは「出る順宅建士:直前大予想模試」

レック(LEC)の「出る順宅建士」のシリーズの中で、私が最もおすすめしたいのは、直前大予想模試です。

市販の模試のテキストは、平均3回分だけですが、レック(LEC)は、4回分もあります。

本試験の雰囲気に慣れるために、本番と同じような試験構成にしてあります。

 

まとめ:共通の特徴とおすすめできる人

  • イラストや図解が多く、分かりやすい言い回しをしている
  • 学習における目的や重要点を記載しているので、学習スケジュールを管理しやすい
  • 1冊で合格は難しいが、シリーズを揃えて学ぶことで、独学でも合格が夢じゃない内容

レック(LEC)のテキストは、初めて宅建士資格を受験する人でも基礎から学べるように工夫されています。

3冊全部をこなせれば、独学でも実力がつく構成のテキストです。

他にも「出る順宅建士」は、過去問題集や直前予想模試もあります。

宅建テキストLECレックの出る順宅建士のシリーズ3冊を撮影した画像

(LECの「出る順宅建士」の大きさを比べてみた写真)

写真の右の「問題集」は持ち運びやすいB6サイズ(コミック本程度の大きさ)です。

重要度がわかりやすく、実力がつく問題集なので、愛用する受験生も多いです。

★ 宅建に一発合格した人の勉強法のコツを知りたい人は「テキスト」と「勉強法」も参考にしてください。

★ 独学が大変な人は、通信講座もあります。

【宅建】通信講座を一発合格した私が徹底比較!本気で選ぶベスト5!

宅建に一発合格した私がおすすめので試験対策のヒントを探してください。

★ この記事に関してご質問・ご意見があればコメント欄にお寄せください
コメント欄

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする