【宅建テキスト】独学におすすめは?人気の出版社別4シリーズを徹底比較!

記事の所要時間:約 8 分

宅建に一発合格した私が、人気ランキング上位のおすすめテキストを出版者別に徹底紹介!

本屋へ行くように、気になる人気のテキストの全てが把握できます。

ここで紹介するテキストは、私が全て目を通し、勉強のやり方や目的によって、合格率が高くなるテキストを紹介しています。

宅建テキスト独学におすすめの選び方と人気シリーズ編集画像

★目次をクリックすると読みたいページに移動します

Contents

宅建テキストの人気ランキング上位独占!出版社ベスト4

Amazonでは、売れ行きが上位のテキストはランキングが、1時間ごと表示されます。

人気投票は、参考ですが、売れ筋が決まっています。

下記の資格受験校4社が出版している市販本が、人気ランキングの上位を占めています。

・TAC(タック)

・宅建学院

・LEC(レック)

・日建学院

また、宅建関連の書籍のほとんどが、シリーズで出版され、セット買いが奨励され、基本書や問題集は、内容も関連しています。

中でもTACや宅建学院は、同シリーズが2〜3冊も上位にランクインしています。

宅建テキスト:問題集と参考書の人気ランキング

独学が不安な人は>>>> 不合格の場合は全額返金保証の通信講座がおすすめです!

【宅建フォーサイト】評判と口コミは?受講生の私が合格率70.8%の理由を語る

人気の宅建テキストを4つの出版社別に紹介

人気ランキングで、受験校のテキストが上位にランクインする理由は、知名度とノウハウにあります。

母体の資格学校の知名度が高ければ、受験生の目に留まることが多いです。

テキスト購入がきっかけで、予備校への通学、通信講座を利用する場合も少なくないです。

宅建受験者への最初の営業の糸口にもなるので、長年積み上げた試験対策やノウハウを、惜しみなく提供しています。

宅建士のテキスト販売の裏では、華麗なるテキスト戦争が繰り広げられ、受験ノウハウも得られるのが人気の秘密です。

以下、人気ランキングで常に上位を占めるベスト4のテキストを出版社別に紹介します。

人気ランキング上位を独占するTAC(タック)

最近の宅建受験生の間で最も知名度が高く、人気No1で売れている宅建テキストはTAC(タック)です。

出版元のTACは、宅建士講座だけでなく、簿記などの他の資格取得に強い資格予備校です。

宅建の資格受験校のノウハウが豊富なTACでは、人気テキストの上位を占めます。

過去問と基本書の解説を合体させた「スッキリ宅建士」、試験出題率が高い「わかって合格」などは根強い人気があります。

人気ランキングで1位「みんなが欲しかった宅建士」

宅建テキストTACみんなが欲しかった宅建士シリーズ

(引用:TAC(タック)出版「みんなが欲しかった宅建士」テキストの画像)

書名とリンク先 内容と特徴

★「宅建士の教科書」

定価 3,300

(税込)

P 610

フルカラー図解が多くビジュアル重視
わかりやすさ重視のボリューム大の解説

・「基本編」と「参考編」に編集

★「宅建士の問題集」

定価 2,750円

(税込)

p636

「論点別過去問」+「最新過去問」

・重要事項「ちょっと確認! 」と「プラスワン」で得点アップ

★「12年過去問題集」

定価 2,860

(税込)

p 804

・過去12年間を難易度が低い順に編集。

最新法改正にも完全対応 

TACで最も人気が高い入門の参考書と問題集は、「みんなが欲しかった宅建士」シリーズです。

余談ですが「みんなの欲しかった○○」シリーズは、他の資格試験(簿記など)でも人気ランキング上位を占めています。

このシリーズは、初心者向けの噛み砕くような解説が、わかりやすいと評判です。

TAC(タック)でも安定した人気の宅建テキスト

宅建テキストTAC「スッキリわかる宅建士」シリーズ

(引用:TAC(タック)出版「スッキリ宅建士」シリーズの画像)

書名とリンク先 特徴

★「スッキリわかる宅建士」

定価 3,300

(税込)

P 610

フルカラー図解が多くビジュアル重視
わかりやすさ重視のボリューム大の解説

・「基本編」と「参考編」に編集

★「スッキリとける宅建士

:問題集」

定価 2,860円(税込)

p 636

「論点別過去問」+「最新過去問」

・重要事項「ちょっと確認! 」と「プラスワン」で得点アップ

私のおすすめでも紹介しています。

個人的には、コンパクトに要点がまとまっているスッキリシリーズがT、ACの中では一番好きです。

3冊全てが人気ランキング上位に入る実力派「やるだけシリーズ」

宅建テキストTAC(タック)やるだけ宅建士シリーズ

(引用:TAC(タック)出版「わかって合格(うかる)宅建士」シリーズの画像)

書籍名とリンク先 特徴

★「わかって合格る宅建士:基本テキスト

定価 3,300

(税込)

P 738

・直近の出題傾向を詳細に分析

「アンダーライン」+「出題年度」のW表示

・オリジナルレジュメ付き

★「かって合格る宅建士:分野別:過去問題集」

定価 2,750円

(税込)

p 652

・超定番の重要過去問だけを厳選収録

テーマ別に「1問1見開き」デザイン

★  わかって合格る宅建士 過去問12年PLUS<プラス>」

定価 2,860

(税込)

p 832

・過去12年分を2色刷り

3段階のレベルで表示

・統計問題12年分ダウンロードサービス

「やるだけシリーズ」は、「基本テキスト」「分野別:過去問題集」「過去問12年」と3冊が、どれも一定の安定した人気があります。

「みんなの欲しかった教科書」のように基本テキストの1冊だけが、飛び抜けて売れるということが無く、3冊のセット買いが多いです。

過去問12年間は、それぞれ分離して切り離せるので、本試験の練習に最適です。

「わかって合格(うかる)」は、学習しやすいだけでなく、出題傾向も詳細に分析されているので、試験のヤマを外しません。

ビジュアルだけでない、手堅く試験対策ができることからも人気のテキストです。

 TACシリーズについて詳しくは、宅建テキストで人気NO1の【タック:TAC】で続きが読めます。

ロングセラー人気テキスト【宅建学院】の宅建塾も超おすすめ

宅建学院の市販テキストも常に人気ランキングで上位に入る実力派のテキストです。

不動産会社に勤めるプロの宅建士が、初学者に薦めることも多く、最も実績があるロングセラーです。

宅建学院は、宅建士講座を開講しており、毎年高い合格実績を出しています。

とりわけ、初心者でも難解な用語が覚えやすい記憶術には、定評があります。

ミリアオンセラーの「らくらく宅建塾」

らくらく宅建塾とまる覚え宅建塾のテキストの画像

(引用:「らくらく宅建塾」と「まる覚え宅建塾」の画像)

書籍名とリンク先 特徴

★「らくらく宅建塾」

定価3,300

(税込)

P 532

難しい法律用語も日常の言葉で説明

・日本一覚えやすい語呂合わせ

・「わかりやすさ」「覚えやすさ」

★「まる覚え宅建塾」

定価 1,870円

(税込)

p 348

・らくらく宅建塾をコンパクトにまとめる

重要なポイントだけを厳選

「らくらく宅建塾」のテキストはミリオンセラーの売れ行きです。

宅建学院のテキストは、覚えにくい用語の語呂合わせが秀逸だと高く評価されています。

過去問は、3分野の科目ごとに分かれ類似問題が何度も出てくるので、自然に実力がつきます。

【宅建テキスト】初心者の合格実績に圧倒的に強い宅建学院で魅力を詳しく紹介!

「過去問宅建塾」の3科目も人気

宅建学院の過去問宅建塾のテキスト一覧

(引用:宅建学院「過去問宅建塾」の画像)

書籍名とリンク先 内容と特徴

★「過去問宅建塾:権利関係」

定価 1,980

(税込)

P 456

左に問題、右に解説と使いやすい

問題を類題式に収録。

講義のようなわかりやすい解説

・復習がしやすい構成

・分野別の3冊

・最新の法改正にも対応

★「過去問宅建塾:宅建業法」

定価 1,980

(税込)

p 474

★「過去問宅建塾:法令・税」

定価 1,980

(税込)

p 442

持ち運びが楽な「らくらく宅建塾」をコンパクトにまとめたミニ版「まる覚え宅建塾」もおすすめです。

1冊で要点が学べるので受験生に好評です。

法律系の資格試験に強い受験校LEC (レック)

出版元のLEC(レック)の知名度と信頼感からも、選ぶ人が多い宅建テキストです。

開講40年以上のLEC(レック):東京リーガルマインドは、全国ネットワークで資格予備校を展開しています。

宅建士講座は、重要ポイントを押さえた試験ノウハウで高い合格率を出しています。

「きほんの宅建士」は要点と基礎の習得に評価が高い

宅建テキストLECレック「きほんの宅建士」

(引用:LEC(レック)出版「きほんの宅建士」テキストと問題集の画像)

書籍名とリンク先 特徴

★「きほんの宅建士:合格テキスト」

定価 3,300

(税込)

P 595

フルカラー図解

A、B、Cの3段階でテーマの重要度

本試験の過去問題を収録

・オリジナルふせん付

★「きほんの宅建士:合格問題集」

定価 2,750円

(税込)

p 739

問題・解説をすぐ確認。見開き型問題集。

・重要事項が簡単に確認

問題の解き方のアドバイスが充実

「きほんの宅建士」は、宅建試験の出題内容を短く要点を押さえてわかりやすいと好評です。

基礎を徹底的に固めるテキストです。

「出る順 宅建士」と比べて難しい問題が少ないです。

「出る順 宅建士」は重要ランクの対応に強い

宅建テキストLECレック「出る順宅建士」シリーズ」

(引用:LEC(レック)出版の「出る順宅建士」シリーズの画像)

書籍名とリンク先 内容と特徴

★「出る順宅建士:権利関係」

定価 2,530

(税込)

P 429

持ち運びやすいB6サイズ
(コミック本程度)

直近の出題傾向を詳細に分析

基礎だけでなく、難易度・高の問題にも対応

・応用力が身につく

・初心者を卒業したい人におすすめ

★「出る順宅建士:宅建業法」

定価 2,090円

(税込)

p 306

★「出る順宅建士:法令上の制限・税その他」

定価 3,080

(税込)

p 424

このLECの「出る順 宅建士」は、上記のテキストに比べると地味ですが、不動のロングセラーです。

重要度ランク試験に狙われやすい箇所が一目でわかります。

確実に得点を積み上げたい人には、おすすめです。

カラフルな図柄やイラストよりも、文章でのわかりやすさを求める人に向いています。

宅建講師の間でも、法律系の資格学校のLECの「出る順 宅建士」は、高く評価されています。

特に私がおすすめなのは、LECの直前模試付きのテキストです。

LECシリーズについて詳しくは、宅建テキスト 【レック: LEC】で続きが読めます

建築と宅建講座で実績がある日建学院

日建学院:建築資料研究所は、建築や宅建士の書籍でも実績のある出版社です。

私が建築士を受験した時は、日建学院と資格学院の両方へ通学した経験がありますが、日建は受験対策が凄い学校でした。

試験対策の専用チームがあり、過去問を徹底的に分析。試験のヤマは高確率で当たりました。

その豊富な受験ノウハウを活かして、宅建テキストも出題傾向が徹底的に分析され、重要ポイントが見やすく整理されています。

「どこでも学ぶ宅建士」で段階的に実力をUP

宅建テキスト日建学院の基本・本試験問題・超整理の画像

(引用:「宅建テキスト【日建 学院】の画像)

購入先リンク 内容と特徴

★「どこでも学ぶ:基本テキスト」

定価 3,300

(税込)

P 680

・4段階の優先ランクで重要項目がわかる

・「要点整理」「アプローチ」

・図解とイラストで具体例で理解

★「一発合格、とことん宅建士」

定価 2,750円

(税込)

p 704

本試験形式11年分・550問収録

・ダブル解説と4段階の重要度表示

各年度の問題と答案用紙が無料でダウンロード

★「宅建士ポイント超整理」

定価 1,760

(税込)

p 233

・直前のチェック用

・図表がわかりやすく全体像が把握

「学ぶ基本テキスト」で基礎力をつけて、「本試験問題」を解き、最後に「超整理」で仕上げと段階的にステップが踏めます。

日建学院のイメージキャラクターを採用した解説本も見逃せません。

「ポイントの1行解説」と「よくわかる詳細解説」のダブル解説も受験生には使い勝手が良いです。

「宅建士どこでも過去問」 ダブル解説で実力アップ

宅建テキスト日建学院「一発合格!宅建士」のダブル解説付きの画像

(引用:「宅建テキスト【日建 学院】の画像)

購入先リンク 内容と特徴

★「どこでも過去問:権利関係」

定価 1,430

(税込)

P 324

・項目別過去問題集

全選択肢に、ポイントの1行解説

要点だけの解説と詳細解説の「ダブル解説」付き。

過去10年分・151問をテーマ別に収録

日建学院講師陣のワンポイント講義

(オプション付き)

★「どこでも過去問:宅建業法」

定価1,430

(税込)

p 444

★「どこでも過去問:法令・税」

定価 1,430

(税込)

p 348

この3冊の中で、特に宅建業法の過去問がページ数が一番多く、力を入れていることがわかります。

各テキストの詳しい説明は、「宅建テキスト【日建 学院】で続きが読めます

「一発合格!これだけ宅建士まんが」は直感的に理解できる

また、マンガでわかりやすく直感的に理解できることにも力を入れています。

宅建テキストまんが日建学院の画像

(引用:日建学院の「まんが宅建士」のシリーズの画像)

購入先リンク 内容と特徴

★「一発合格!これだけまんが宅建士 権利関係」

定価 880

(税込)

P 148

小沢/カオル漫画家の爆笑ストーリーが面白い

マンガだけで宅建の勉強ができる

解説がやや少ないので参考書との併用がおすすめ

・説明文に絵が入り、仕事の流れや法律の仕組みがわかりやすい

★「一発合格!これだけまんが宅建士 宅建業法」

定価 880

(税込)

p 124

★「一発合格!これだけまんが宅建士 法令税その他」

定価 864

(税込)

p 116

日建学院の漫画を読むだけで、かなり基礎は理解できたという受験生も多いです。

質の高い学習用のマンガは、読んでいると爆笑しますが、好き嫌いの好みはあるかもしれません。

日建学院は、わかりやすく試験攻略できることに定評があり、宮崎講師をはじめ有名カリスマ講師など、層の厚さが感じられます。

★ マンガで勉強したい人は>>宅 建 【民法】の攻略におすすめのマンガ(漫画)テキスト5冊のポイントを徹底比較

【宅建テキスト】2019年人気ランキング私のおすすめ

宅建の初心者は、ビジュアル重視の方が難しい内容も頭に入りやすい人が多いです。

全体の特徴は、カラー刷り、図解やイラストが多い参考書が、人気ランキングの上位を占めます。

その中でも読んでみて特に解説がわかりやすいテキストを選びました。

おすすめするテキスト(参考書と問題集)は、私だけではなく、多くの宅建の合格者からも好評です。

フルカラーではTACの「スッキリわかる」が解説も充実

書名 ★「スッキリわかる宅建士」
価格 定価 3,300(税込)
ページ数 P 610
特徴

フルカラー図解が多くビジュアル重視

わかりやすさ重視のボリューム大の解説

・「基本編」と「参考編」に編集

フルカラー系では、簡単に理解させることばかりに重点を置きすぎて、中には、解説が不十分な本もあります。

その中で、解説が充実しつつ、ダントツわかりやすいのが、TACの「スッキリわかる宅建士」です。

読み比べていると一番、スッキリと頭に重要事項が入ってきたので、3ヶ月以内の短期で学びたい人も効率よく学習できます。

他のフルカラー系のどのテキストよりも、具体例が豊富でポイントがわかりやすいです。

特に「宅建ワールド攻略チャート」では体系的に重要事項がつかめます。

また、「過去問スーパーベスト」など覚えた知識を確認することもでき、1冊で必要事項がほぼ学べます。

他にも、私が特におすすめしたいのが、宅建学院のミリオンセラーのテキスト「らくらく宅建塾」です。

人気の不動のベストセラー「らくらく宅建塾」

書名 ★「らくらく宅建塾」
価格 定価 3,300(税込)
ページ数 P 532
特徴

・語呂合わせが秀逸

初心者が理解しやすいコンパクトな解説

・覚えやすい暗記術と記憶に残るイラスト

とにかく暗記のゴロ合わせが秀逸です!

不動のベストセラーにもなっているのが納得できるぐらい、要点が良くまとまっています。

このテキストは、難しい法律用語を、わかりやすい言葉に置き換えて説明してくれます。

暗記に苦労している受験生には、難しい用語も覚えやすいので特におすすめです。

例えば民法の用語も一言で表現

・「心裡留保(しんりりゅうほ)」→「じょうだん

・「善意有過失(ぜんいゆうかしつ)」→「うっかり」

どうですか? 難しい専門用語よりも、わかりやすくて忘れないでしょう!

ちなみに不動産業界の会社に勤めていると、合格者の宅建士の先輩から、まず薦められるのが「らくらく宅建塾」です。

カラーのテキストが、うるさく感じる人は、「らくらく宅建塾」がイチオシです。

私がおすすめの【宅建問題集】人気ランキング2019年度

過去の問題集をしっかり勉強しないと合格できないのが、宅建試験です。

宅建の過去問の攻略は、非常に重要なので、問題集選びも参考書選びと同じぐらい大切です。

特に解説の部分は、問題集を比べてチェックすると良いです。

おすすめの問題集は、「2019年度版 わかって合格る宅建士 過去問12年PLUS<プラス>です。

統計問題の最新情報とわかりやすい解説も充実

書名 ★「わかって合格る宅建士 過去問12年PLUS<プラス>」
価格 2,860(税込)
ページ数 P 832
特徴

・統計問題のダウンロードサービスあり

12年の過去問の出題傾向がわかりやすい

・テーマ・難易度別に編集

 
過去問題集のポイントは、解説と出題傾向がわかりやすいことです。
 
今回、私が見て一番、問題の解説がわかりやすく充実しています。
 

この問題集の良さは、毎年、必ず出題される統計問題のフォローも充実していることです。

7月下旬には、法改正情報・最新統計データに修正された過去問12年間分が、TAC(タック)のサイトからダウンロードできます。

また、問題ごとに出題テーマ・難易度を表示しているので、問題演習の優先順位がわかります。

肢単位で詳しく丁寧に説明してあり、私が読んだ問題集の中では一番、解説が整理されて、わかりやすかったです。

問題・解説部分は切り離しができるので、見直しにも便利です。

 絶対に失敗しない宅建の過去問の対策法おすすめの宅建過去問題集も詳しく紹介。

【宅建】過去問おすすめの勉強法3つのコツ!1ヶ月で合格できた私の体験談でわかります。

通信講座で合格率が全国平均より4.54倍になる

初心者が理解しやすいテキストで学習していても、宅建の勉強が進まない人もいます。

また、3ヶ月以内で合格したい人は、効率よく試験対策をする必要があるので、独学だけでは心細いです。

独学ができない場合は、効率よく合格できるノウハウを得る方法もあります。

通信講座で試験出るところだけ勉強する方法もあります。

私もそうでしたが、勉強時間が十分に取れない人は、独学の短所をお金で解決できます。

悩んでいる人は、合格者が選ぶ【宅建】通信講座ベスト5無料体験講座」を一度、試して見てください。

あなたが、自分に合うテキストや勉強法に出会い、合格できることをお祈りしています。

 宅建テキストの他のおすすめ記事はこちら 

【宅建】通信講座の市販テキストを徹底比較!カリスマ講師の実力がすごい

【パーフェクト宅建】テキストは独学に使えるか?宅建合格者が使用した感想

【宅建テキスト】住宅新報社の人気の「楽学」「ゼロから」シリーズを紹介

宅建テキスト(予想模試)はどれがおすすめ?カリスマ講師が選ぶベスト3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする