【宅建テキスト】ユーキャンの初心者にやさしい市販テキストの紹介

ユーキャンでは宅建に毎年1,000人以上が合格する、全国で最も合格者数が多い宅建の通信講座です。

そのユーキャンが出版する市販のテキストも宅建の受験生には人気です。

ユーキャンは添削指導が有名ですが、その受験ノウハウは宅建講座にも生かされています。

詳しくは「宅建ユーキャン(U-CAN)通信講座のレベルは?宅建に一発合格した私が徹底検証」)

そのノウハウがフルに詰め込まれたユーキャンのテキストについてまとめました。

全て、2020年の法令改正に対応。
姉妹テキスト同士はリンクしているので相乗効果が出ます。

宅建ユーキャンu-canのテキストの写真

2020年版:ユーキャン宅建士 速習レッスン



書籍名

★「ユーキャン 宅建士 速習レッスン 」

価格とページ数

定価 3,080円(税込) P 728

ユーキャン宅建【速習レッスン】の特徴

宅建の初心者にも安心な解説 &豊富な具体例が満載

  • 難解な法律用語も理解しやすいイラストと図解が満載
  • 「重要度」「頻出度」を表示し、学習中の疑問を解説するコーナーも充実
  • レッスン末に知識を定着させる確認テストを掲載!
  • 難しい言い回しを避け、分かりやすく解説しているのが特徴です。

本テキストは、豊富な具体例を引用しながら難しい法律の内容を紹介しています。

初心者が入るやすく、イメージと関連付けて学習できるのが特徴です。

良い点

  • ほど良くイラストや図が使用、他の参考書と比べると読みやすい。
  • 左右のコラムに、過去問から出題されやすいトピックが掲載されていて参考になる。

悪い点

  • 解説の説明が一歩足りないことがあり、どういう意味なのか?分からなくなることもある。
  • 時々、説明がまどろっこしく感じる。

2020年版 ユーキャン 宅建士 テーマ別問題集



書籍名

★「ユーキャン 宅建士 テーマ別問題集 」

価格とページ数

定価 2,750円(税込) P 612

ユーキャン宅建【テーマ別問題集】の特徴

厳選「重要過去問題」+ テーマ別「オリジナル問題」250問を収録

  • 1肢ごとの丁寧な解説と重要事項を整理した補足解説コーナーが充実
  • 巻末に取り外しができる『実力チェック模試』を収録
  • 関連書籍『速習レッスン』へのリンク付きで復習が簡単にできる

本テキストには、厳選された過去問と、知識を補強するためのオリジナル問題が250問を収録。

問題の1肢ごとに丁寧な解説がされています。

最小限の問題演習で合格に必要な知識が身に付くのが特徴です。

特に重要な個所には補足解説がされているので、正しい知識がしっかりと身に付くテキストです。

良い点

●  実力チェック模試で、自宅でも本試験のように自分の実力を知ることができる

●  重要な箇所の補足説明が充実している

悪い点

●  最低限の問題演習なので、全部の範囲を網羅しているのではない。

●  問題演習の分量としては不足気味。

2020年版 ユーキャンの宅建士 過去12年問題集



書籍名

★「ユーキャン 宅建士 過去12年問題集 」

価格とページ数

定価 2,860円(税込) P 856

ユーキャン宅建【過去12年問題集】の特徴

過去12年分の出題・頻出度・重要度が一目でわかり、独学の心強い指針になる。

  • 講師による吹き出しコメントで、出題のねらいと解法のテクニックを解説
  • ページをめくらずに解ける問題文の構成 
  • 問題冊子は取り外しが可能で持ち運びに便利

本テキストでは、ユーキャンの講師陣が、過去12年間分の試験を徹底分析。

まるで講義を受けているような実践的なアドバイスが特徴です。

ページをめくらずに解ける問題集は、集中できるよう配慮されたページ構成。

しっかりと試験の傾向と対策を学ぶことができます。

良い点

  • 過去問の正答だけでなく誤答も掲載されているので、正しい理由や誤っている理由を学ぶことができる。
  • 他のテキストの過去問と比べて、量が多い。

悪い点

  • 解説が今一つ足らない。別途よく解説されている参考書が必要。
  • 問題集と解説を切り離せるが、辞書程度の厚みがあるため、気軽に持ち歩きしにくい。

2020年版 ユーキャンの宅建士 これだけ!一問一答集



書籍名

★「ユーキャンの宅建士 これだけ!一問一答集」

価格とページ数

定価 1,980円(税込) P 432

ユーキャン宅建【これだけ!一頭一問集】の特徴

平成30年度までの過去問から出題傾向を分析した厳選800問

  • 《800問の○×問題》出題傾向の高い重要項目を○×問題で確認ができる
  • 問題と解答解説(重要ワードが赤字の解説文)を見開きで掲載。
  • まとめページで総合的に知識を整理

令和元年4月1日から施行される法令に完全対応。

問題と解答・解説が見開きで掲載されているので、スムーズに学習できるのが特徴です。

良い点

  • コンパクトサイズのテキストなので、通勤時などの隙間時間に学習できる。
  • 一問ずつ〇と×で答え合わせを行い、問題の解説を読むことができるので頭に入りやすい。

悪い点

  • 他のテキストと内容に差はない
  • この一冊で合格は難しい。他の参考書と併せて使用するなど補助的な役割

★ 人気ランキング上位のテキストは?>>【宅建テキスト2020】独学におすすめは?人気の出版社別4シリーズを徹底比較!

ギガ速合格 宅建士 テキスト&厳選過去問(2019年版)

ユーキャンの市販テキストで気になるのが、「ギガ速合格宅建士」です。

本書は、ユーキャンの「旧 宅建士集中講義」を編集し直したテキストです。



ギガ速合格 宅建士 テキスト&厳選過去問の特徴

ユーキャンのテキストでは、お馴染みのオリジナルキャラクター「ユーニャン」が登場します。

ギガ速合格 宅建士 テキスト&厳選過去問の目次

(引用画像:ユーキャン「ギガ速合格 宅建士 テキスト&厳選過去問」より)

こちらもフルカラーで文字も比較的大きめなので、読みやすいです。

コンパクトに内容がまとまっているので、初学者でも楽に難解な内容を学習できます。

宅建テキスト:ギガ速合格 宅建士 テキスト&厳選過去問(2019年版)の解説の画像

(引用画像:ユーキャン「ギガ速合格 宅建士 テキスト&厳選過去問」より)

良い点

●  テキストと過去問が1冊になっているので、効率よく勉強できる

●  フルカラーの400ページとイラストが豊富で分かりやすい

●  切り離せる「出題予想論点&直前知識チェック集」は、試験直前の要点整理に便利

悪い点

● 問題演習量は足りないので、別に過去問の購入が必要。

● 解説が初心者向けなので、そこまで必要がない人もいる

問題演習が少ないですが、「出題予想論点&直前知識チェック集」をしっかりと覚えれば、合格には近くなります。

宅建テキスト:ユーキャンの直前論点集の画像

(引用画像:ユーキャン「ギガ速合格 宅建士 テキスト&厳選過去問」より)

重要論点を早く覚えるためにも、過去問を解きながら学習する方が、勉強の効率が上がります。

参考書などを見比べていると分かりますが、どのテキストも重要な出題箇所は似ています。

いかに重要な箇所を確実に覚えているか?も合否を決めます。

(引用画像:ユーキャン「ギガ速合格 宅建士 テキスト&厳選過去問」の直前チェックの画像

(引用画像:ユーキャン「ギガ速合格 宅建士 テキスト&厳選過去問」より)

まとめ:ユーキャンの共通の特徴とおすすめできる人

受講生が短期集中で学べるように構成が工夫されています。

宅建士講座の添削指導が売りの通信講座らしく、解説がわかりやすいノウハウは優れています。

ユーキャン宅建士テキストシリーズは、初心者向けで分かりやすい解説を求める人には最適です。

ただ、解説がまどろっこしい、イラストが好きなれないなど、人によっては好き嫌いが出ます。

各テキストのまとめ

上記で紹介したテキストをまとめました。

書籍名 価格とページ数 内容と特徴
★ 「速習レッスン」 定価3,080円(税込) 
P 728
  • インプットはこれ1冊でOK!
  • 「重要度」「頻出度」を表示 
★ 「テーマ別問題集」

定価2,750円(税込) 
P 612

  • 模試付きの問題集で得点力をアップ
  • 速習レッスンの復習が可能
★「 過去12年問題集」

定価 2,860円(税込)

P 856

  • 過去12年の全問に合格者正答率
  • 最もページ数が多く解説が充実
★「これだけ一問一答」

定価 1,980円(税込)

p 432

  • 800問の○×問題と要点まとめ
★「ギガ速合格宅建士」

定価 2,376円(税込)

p 456

  • 試験出題予想論点つきの付録付き
  • フルカラー図解で要点が簡潔にまとまる
  • 章末確認テスト付き

また、独学の場合は、自分で計画を立てながらテキストを勉強していく必要があります。

下記の記事を勉強前に読んでみてください。

★ 【宅建勉強法】素人でも宅建に3ヶ月で合格できる攻略法とノウハウ全集!

市販テキストを買ったけれど、消化不良で挫折した人は、要点だけを教えてくれる通信講座もおすすめです。

合格率する確率がグッと上がります。

★ 独学だけでは不安な人は>>>【宅建】通信講座を一発合格した私が徹底比較!本気で選ぶベスト5!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加