フォーサイト【道場破り】過去問題集と確認テストを学習した体験レビュー

記事の所要時間:約 3 分

フォーサイトのeラーニングシステム「道場破り」では、テキストや問題演習など全ての資料が、ネット上から閲覧できます。

また、スケジュール管理や質問なども道場破りを使えば、携帯からでも簡単にできます。

フォーサイト通信講座:マンション管理士+管理業務主任者「道場破り」を使う画像

(フォーサイト「道場破り」で勉強。私の携帯画面より)

その中でも、特に受験生に嬉しい機能は、スキマ時間を利用して問題演習ができることです。

ここでは、道場破り「確認テスト」と「過去問演習」の学習法を紹介。

「マンション管理士+管理業務主任者」の講座を実際に受講した私の体験から勉強の過程をレビューします。

フォーサイト通信講座「道場破り」過去問題集と確認テストの学習法

(公園でフォーサイト「道場破り」で過去問題集を学習中の画面)

フォーサイト「道場破り」確認テストと過去問題集

フォーサイトでは、「確認テスト」と「過去問題集」の2つがアウトプット学習になります。

このアウトプット学習は最も重要で、合格者ほど道場破りを活用しているというデータが出ています。

私もスキマ時間があれば、演習問題に取り組んでいます。

学習メニューから「過去問題集」か「確認テスト」を選択

TOPページのホーム画面から、「学習メニュー」を選ぶと「確認テスト」と「過去問題集」が選択できます。

フォーサイト「道場破り」過去問題集と確認テストの目次が表示

(私が受講中のフォーサイト「道場破り」の学習メニューの画面より)

「確認テスト」は、「過去問題集」を解く前の準備学習です。

テキストで講義を受けた後に「確認テスト」を行うと復習になり、知識が定着します。

そして、確認テストが8割正解できた後で、「過去問題集」を解くとスムーズに学習ができます。

確認テストはテキストと連動。復習しやすい

フォーサイトの「確認テスト」は、テキストのページ番号がテスト内容で明示されているので、テストの範囲が直ぐに分かります。

挑戦する」を押すとテストが始まります。

フォーサイト「道場破り」確認テストはテキストと連動している

(フォーサイト「道場破り」私の確認テストの画面より)

確認テストは「通常版」と「ゲーム版」の2種類から選べる

確認テストは、通常版かゲーム版のどちかが選べます。

どちらを選んでも問題の内容は同じです。

フォーサイト「道場破り」確認テストの通常版とシャッフル版の2種類が選べる

(フォーサイト「道場破り」私の確認テストの画面より)

「通常版」は⭕️❌式で選択する二択式で、シンプルな画面です。

 詳しくは >>> フォーサイト道場破り「確認テスト」通常版のレビュー

フォーサイト受講生に人気があるのは、相撲の取り組み形式になっているゲーム版です。

確認テスト「ゲーム版」は遊びのように楽しめる

勉強が苦手な人でも、このゲーム版であれば、遊びでゲームをしている感覚で問題が解けます。

フォーサイト「道場破り」ゲーム版を使って勉強する

(フォーサイト「道場破り」私の確認テストの画面より)

Komoは私のハンドルネームで、「前頭十六」の位から始まります。

フォーサイト「道場破り」確認テストゲーム版で勉強する

(フォーサイト「道場破り」私の確認テストの画面より)

不正解の場合は、相撲さんが土俵に座りこむ絵が出てきます。

フォーサイト「道場破り」私が勉強する確認テストの画面より

(フォーサイト「道場破り」私の確認テストの画面より)

本当にゲームアプリは、絵がリアルです。

そして、最後は土俵の歓声の画像!

フォーサイト「道場破り」私が勉強する確認テストの勝ち越しの画面

(フォーサイト「道場破り」私の確認テストの画面より)

最初に画面をみた時は、勝ち越しの画面も土俵の興奮が伝わってきたので感動しました。

(この記事を先に読まれた方は、驚きを奪ってしまってすみません。)

勝ち越す番付も上がっていくので、最後は横綱まで目指したいです。

フォーサイト「道場破り」私が勉強する確認テストの勝ち越しの画面

(フォーサイト「道場破り」私の確認テストの画面より)

フォーサイト「道場破り」では横綱になれば合格に近くなると言われています。

私も「道場破り」のゲーム版:確認テストで時々、勉強していますが、確かにゲーム感覚で出来るし、面白いです。

もし、ゲーム版が合わない人は、通常版を選べば、普通の問題形式で解けるのでストレスがありません。

その日の気分によって「通常」と「ゲーム」版の両方が選べるのは、勉強の気分転換にもなります。

過去問題集は、本試験と同じ4択1肢形式

「過去問題集」は、基礎力から実力養成にぴったりです。

2択式の「確認テスト」と違い、本試験と同じ4択のテスト形式です。

本試験に慣れる練習には最適です。

フォーサイト「道場破り」過去問題集私が学習する画面

(フォーサイト「道場破り」私の過去問題集の画面より)

目安の経過時間内に解けるように努力していると、本番で時間切れで焦りません。

2回目に解くと、目安時間の半分ほどの時間で解けます。

テストの結果が集計されて履歴に残る

テストの結果は、全て履歴に残るので、自分がどの問題を間違えたか一目瞭然です。

【通常版の集計表】

フォーサイト通信講座:マンション管理士+管理業務主任者「道場破り」

(フォーサイト「道場破り」私の集計の画面より)

何度も繰り返して解くこともできます。

正解率が80%以上にならないと「不合格」と表示されます。

フォーサイト「道場破り」確認テストの集計表は正解率も出る

(フォーサイト「道場破り」私が2回目に挑戦した結果)

何度もやると答えを覚えてしまう心配もありません。

同じ順番でなく、順番がランダムになる「シャッフル出題で挑戦」もできます。

フォーサイト通信講座:マンション管理士+管理業務主任者「道場破り」

(フォーサイト「道場破り」問題形式を選ぶ画面より)

ゲーム版は相撲の「負け越し」「勝ち越し」が使われます。

フォーサイト「道場破り」私が勉強する確認テストのゲーム版の集計表

(フォーサイト「道場破り」私の成績結果の画面より)

フォーサイト:道場破りの確認テスト・過去問題集の感想

フォーサイトの「確認テスト」と「過去問題集」で学習した感想は、試験までの自己管理がしすいことです。

各個人に合わせて自動作成された「スケジュール管理表」の計画工程に合わせて学習を進めると効果的です。

8割以上、正解にならないと合格しないので、全部の問題を正解に出来るまで頑張ろうと意識できます。

道場破りを使う注意点は、最初は不合格でも気にせずに、とにかく進めることを優先する方が良いです。

何度も反復学習する方が、効果は上がるので、最低でも3回以上は過去問題集を繰り返したいものです。

道場破りでは、毎日「今日のひとこと」で、様々な新しい言葉を読むことができます。

フォーサイト通信講座:マンション管理士+

問題を解くときは、この「今日のひとこと」を読むのも楽しみです。

道場破りでスキマ時間をしっかりと活用して勉強してください!

 通信講座フォーサイトは給付金対象の講座の合格率は、全国平均の約3倍以上です。

また、教育給付金で受講料の20%(最大10万円)が返金される通信講座なので、費用の節約にもなります。

【おすすめの対象講座】

【宅建フォーサイト】評判と口コミは?宅建に合格した私が合格率70.8%を検証!

フォーサイト【行政書士】評判と口コミから合格率37.3%の秘密を徹底分析!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする