通信講座【マンション管理士+管理業務主任者】おすすめベスト3を受講生が本音で徹底比較

「マンション管理士+管理業務主任者」のダブル合格を目指した初年度は、管理業務主任者のみが合格。

マンション管理士を再受験する今年は、アガルートのマンション管理士講座を受講中です。

最初から予算と時間の問題から通学よりは通信講座を探しました。

その時に感じた事は、宅建士などメジャーな資格に比べると、マンション管理士の情報量は少ないです。

ここでは、私が実際に受講経験がある人気の3つの通信講座を比較。

  • アガルート アカデミー
  • フォーサイト 
  • スタディング 

実際に受講体験した私だから伝えられる真実を本音で紹介します。

通信講座【マンション管理士+管理業務主任者】おすすめベスト3を受講生が本音で徹底比較のイメージ画像

私が学習したアガルート ・フォーサイト ・スタディングの教材の写真

通信講座【マンション管理士+管理業務主任者】の比較

私の経験した3つの通信講座です。

学校名 講座名と申込の年度
アガルート  マンション管理士試験:合格カリキュラム(2020年) 
フォーサイト  マンション管理士+管理業務主任者バリューセット(2019年) 
スタディング データサイエンティスト基礎講座(2017年)
簿記3級・2級コース(2019年)
マンション管理士/管理業務主任者(体験講座のみ)(2019年)

受験の初年度は、フォーサイト で「マンション管理士」と「管理業務主任者」のセットコース。

2年目の今年はアガルート で「マンション管理士」の専用コースで学んでいます。

スタディングの「マンション管理士/管理業務主任者」は体験講座のみの受講ですが、他の資格講座で学んだ経験があります。

動画講義の比較

一番動画の講義画像が鮮明で迫力があるのがフォーサイト です。

スタディングも見やすいですが、ハイビジョン撮影をしているフォーサイト には負けます。

アガルートは通常の講義として視聴するには問題はありません。

しかし、フォーサイト やスタディングに比べて画質や鮮明さでは劣ります。

特にどのページの説明をしているのか?
該当するテキストのページ数を表示させるフォーサイト に比べると不親切な印象があります。

各通信講座のサンプル動画

【アガルート アカデミー】

総合講義 区分所有法等 初回講義 工藤美香講師 |アガルートアカデミーマンション管理士・管理業務主任者試験

【フォーサイト 】

2018年度 マンション管理士・管理業務主任者 サンプル講義

【スタディング】
(無料の体験講座の視聴には登録が必要なので、画像のみの紹介になります)

マンション管理士通信講座の比較:スタディングの無料体験講座の動画講義の画像

(引用:スタディングの無料体験講座より)

テキストの比較

これもフォーサイト の一番フルカラーで図解も多く見やすいです。

アガルートもフルカラーですが、フォーサイト ほどポイントがまとまっていません。

スタディングはオンライン上のみで閲覧ができるWEBテキストのみです。

各通信講座のサンプルテキスト

フォーサイト ;サンプルテキスト

アガルート :サンプルテキスト

スタディング:サンプルテキスト

おすすめの3つの通信講座の特徴まとめ

以下、3つの通信講座の特徴をまとめました。

合格率の高さと合格特典が業界最高のアガルート 

アガルートの最大の売りは、合格率の高さと合格特典が業界最高である事です。

2019年マンション管理士の合格率は、通信講座フォーサイト を抜き、全国平均4.42倍です。

アガルート 評判と口コミ:2019年マンション管理士と管理業務主任者の合格率は?

(引用:アガルート公式サイト:2019年マンション管理士と管理業務主任者の合格率)

講座内容と料金「マンション管理士+管理業務主任者」

教材
内容
テキスト

総合講義(テキスト)/過去問解析講座(過去問題集)/動画講義

講義
受講料

ダブル合格カリキュラム

¥65,780(送料・税込)

サポート体制 Facebook グループによる無料の質問無制限
割引キャンペーン

20%割引

  • 再受講割引制度

10%割引

  • 他資格試験合格者割引制度(宅建、管理業務主任者取得)
  • 受験生割引制度(過去に受験した人)
  • 他校乗換割引制度(過去に他校で勉強した人)
2020年度
合格特典
  • 全額返金制度
  • 合格祝い金2万円(マンション管理士+管理業務主任者ダブル合格の場合)
教育訓練給付制度指定 無し 
おすすめポイント
  • 業界最高の合格特典;受講料全額返金、合格祝い金あり
  • 2019年合格率がの高い!全国平均の4.42倍
  • 無料の質問無制限の充実の受講生へのフォロー体制
  • 無料相談会で担当講師からアドバイスを受ける機会がある

★ アガルートアカデミー【マンション管理士】 を受講中の私が評判と口コミを徹底検証

教材や動画がわかりやすい初学者向けのフォーサイト

通信講座のマンション管理士講座で、高い合格率を公表しているのがフォーサイトです。

フォーサイトは、30年以上の歴史があり、全講座で約26万人の受講実績を持ちます。

「マンション管理士・管理業務主任者」講座では10,252名です。

2019年はマンション管理士では3.5%、管理業務主任者は62.4%もの受講生が合格しました。

フォーサイトマンション管理士+管理業務主任者講座の合格率

(画像:公式サイト【フォーサイト「マンション管理士・管理業務主任者」】)

講座内容と料金「マンション管理士+管理業務主任者」

フォーサイトでは、「マンション管理士」と「管理業務主任者」の両方の単科講座がお得に受講できる「バリューセット」が充実しています。

私は、下記のの両方の試験対策ができるバリューセットを受講中ですが、価格以上の盛り沢山です

教材
内容
テキスト

フルカラーテキスト/基礎講座/過去問講座/直前対策講座

オリジナル合格グッズ/演習ノート/漫画/合格体験記

通信講座専用に撮影されたハイビジョン高画質の講義映像

模擬試験(1回分)

講義
受講料

不合格の場合は全額返金付きの保証付き

・【2020年向け】[DVD+Web] バリューセット価格
 ¥56,800円(税込・送料別) 

・「マンション管理士」「管理業務主任者」単科コース価格
¥42,800

詳しくは>> 公式サイト:フォーサイト「マンション管理士・管理業務主任者」】

サポート体制

・Eラーニング道場破り

・質問メール受付あり

バリューセット:無料メール質問20回 
(単科コースは 10回

オプション 全て価格に含む
割引キャンペーン 期間限定でお得な割引キャンペーン中

合格祝い金(返金)

合格するとamazonギフトコード 2,000円
教育訓練給付制度指定

「バリューセット」のみ対象

おすすめポイント
  • フルカラーのテキスト、ハイビジョンの動画講義
  • スケジュール自動作成ができる道場破り
  • 教育給付金対象講座
  • 印刷物とネット上の学習の両方が充実

 私の体験談:フォーサイト評判と口コミの真実は?私が体験した【マン管+管理業務主任者】講座の全て

フォーサイトは運営実績が30年以上の通信講座で、合格率と実績が圧倒的です。

講座は国から認定された教育給付金対象の指定講座です。

教育給付金が使えるので2割(最大10万円)まで安くなります。

詳しくは>> フォーサイト教育訓練給付金制度で受講料が20%戻った申請方法と注意点

価格が最強!ネット学習で全てが完結のスタディング

スタディングも受講生が8万人を突破した急成長中の通信講座です。

スキマ時間を活用して勉強できるスマートフォン学習に定評があります。

スタディングの最大の魅力は、余分な物を削ぎ落とした費用の安さです。

スタディング通信講座マンション管理士+管理業務主任者

(画像:公式サイト【スタディング】マンション管理士・管理業務主任 より)

講座のテキストは、全てWEBテキストになります。

紙の印刷物はないですが、WEBテキストをPDFでダウンロードして紙に印刷することができます。

講座内容と料金「マンション管理士+管理業務主任者」

教材
内容

テキスト

ビデオ/音声講座(75講座* 合計約37.5時間*)

WEBテキスト/スマート問題集/セレクト過去問集(22回)/ マンション管理士 難問解法講座(5回)/参照条文集(区分所有法(1冊)/標準管理規約(1冊))付き

講義
受講料

一括¥36,800(税込)
分割例 月々 ¥3,600から

サポート体制 質問機能は特に無し
オプション

無し

割引キャンペーン

スキルアップ割引制度(スタディングの別講座を受講する時に割引になる)

合格祝い金・
キャッシュバック

合格お祝い金 最大¥10,000が返金

[2020年度試験に合格した場合]

詳しくは>>>公式サイト:スタディング

翌年の保証 再受講者用の割引講座あり ¥12,980(税込)
教育訓練給付制度指定 無し
おすすめポイント

・合格に必要な重要項目を最低限の分量で割安(費用対効果が高い)

・スキマ時間を活用した勉強法に強い

スタディングでは、10,000円がキャッシュバックされる超お得なキャンペーン中

(条件:マンション管理士と管理業務主任者に2020年度に合格)

スタディングの最大の売りは、ネットのEラーニング機能が使いやすいことです。

講義後に行うセレクト問題から、効率よくインプットとアプトプット学習が進みます。

★ スタディングについて詳しくは >>>スタディング【マンション管理士】評判と口コミから宅建士とW取得する将来性を検証

3つの通信講座の違いは?

この2つの通信講座の大きな違いを簡単にまとめました。

フォーサイトとスタディングの価格差はどこにあるの?という疑問に答えます。

講座内容とサポートの違い

ほぼネット上で、全てが完結するスタディングに比べて、フォーサイトでは紙のテキストも充実しています。

また、質問サービスや模擬試験などもスタディングにはありません。

  フォーサイト スタディング
・教材テキスト ・WEBテキスト ・フルカラーテキスト
・質問サポート

無料の質問サービス

・バリューセット(20

・単科コース(10回

・質問サービスは無し
・模擬試験 ・1回(解説付き) ・無し
・オプション ・合格グッズなど ・無し
・不合格の場合 ・不合格の場合は返金保証がある
(対象講座のみ)
・返金は無し
(2019年度の申込者は2020年度の講座も受講可能)

スタディングが向くのは、余分な物は必要ない、必要最低限の試験ポイントが動画講義で学習できれば良いという人です。

また、ネット上だけの勉強が苦痛にならない人は、シンプルな機能のスタディングがおすすめです。

私もスタディングは受講経験がありますが、ハマる人には、ぴったりな勉強法になるのもスタディングの特徴です。

★ スタディング【Studying】評判と口コミをリピーター受講生が検証!はこちら

ただ、ネットだけでなく紙の印刷物でも、しっかり勉強したい人はフォーサイトを選ぶ方が満足度が高いです。

フォーサイト「マンション管理士」講座の私が使う単語帳の撮影画像

(画像:私が勉強で使うフォーサイトの単語帳の写真)

無料の質問サポートも利用できるので、学習中にわからないことがあっても安心です。

「マンション管理士+管理業務主任者」のバリューを受講中しましたが、質問サービスは充実しています。

フォーサイトのeラーニング「道場破り」で、過去の質問も管理できるので見直しも便利です。

問い合わせに対して、10営業日以内に回答がくると書いてありますが、実際は、もっと早く質問の返事はきます。

フォーサイトを受講中の私の管理画面:質問箱・各種お問い合わせの画像

(画像:フォーサイト道場破りの私の管理画面の写真より)

使った感想は、これだけ教えてくれるならば、質問サポートだけでも1万円以上の価値があると思えます。

★ 私の体験談 >>>フォーサイト道場破りで20回分の学習質問をした私の体験談。

また、出題傾向が高い問題に的を絞った教材も時間短縮に役立っています。

特に「過去問題集」や「択一対策編」を何度も繰り返して解いていると自然に実力が付きます。

フォーサイト通信講座:マンション管理士+管理業務主任者の比較

申込みの理由を受講生達の合格体験記から比較

スタディングとフォーサイトが選ばれる共通の理由は、学習量が絞られているので、早く合格できることです。

ここでは、それ以外に実際に受講して合格した受験生達の感想を公式サイトから比較しました。

「マンション管理士」や「管理業務主任者」は、宅建士と比べて受験者も少ないこともあり、ネット上の評判と口コミも少ないです。

合格すれば評価が高くなるのは当たり前ですが、合格体験記を読んでいると似たような理由で選ばれることがわかります。

フォーサイトは合格率で選ぶ人が多い

フォーサイトの評判と口コミのまとめはこちら

フォーサイトの公式サイトの合格体験記を読むと、高い合格率に魅力を感じてフォーサイトを選ぶ人が多いことがわかります。

30代 山口雅雄 さん

一つは、テキストがすごく見やすいというのと、あと合格実績がかなりあるということ、それから講師の教え方もすごくわかりやすいというところ。

フォーサイトで合格した受講生の続きを読む フォーサイトマンション管理士評判と口コミ

スタディングは価格の安さと費用対効果が高いことで選ばれる

フォスタディングマンション管理士+管理業務主任者講座の評判と口コミのまとめはこちら

スタディングの評価で目立つのは、受講料が安く費用対効果が高いことです。

やはり「スタンディング講座」はお値段もリーズナブルな割りに内容も充実しているのでかなりお勧めの講座と思っております。

実際、「スタンディング講座」+「問題集1冊」で合格できましたので。

スタディング合格者の声の続きを読む

ただ、申し込み前に問題演習の不足を心配する受講生がいます。

よって市販の問題集とスタディングの講座を併用して合格した人もいます。

限りなく独学に近い予算でも、試験の重要ポイントで効率よく学べるのがスタディングの魅力です。

まとめ:おすすめ通信講座【マンション管理士+管理業務主任者】

3つの講座のおすすめのタイプをまとめました。

  おすすめポイント
フォーサイト

・ネットだけでなく紙媒体でも勉強したい

合格率と実績で選びたい人

・不合格の場合の保証が欲しい人

スタディング

・必要最低限の機能しか必要ない

ネットを使った勉強と相性が良い

初期投資額をおさえたい人

アガルート 

・2019年の合格実績が一番高い所を選びたい

・合格特典が充実している

・無料で質問を無制限にしたい

スタディングには無い、フォーサイトの強みは、アナログの機能も充実していることだと感じています。

特にネットだけの学習が合わない人は、絶対にフォーサイトの方がおすすめです。

逆にネットだけで完結できるシンプルな学習法を求めている人は、スタディングと相性が良いです。

また、不合格の場合は受講料が全額返金される保証制度があるのがフォーサイトです。

マンション管理士は難関資格なので、不合格の保証があるのは安心です。

私が申し込みをした時は、そのような制度はなかったので羨ましいです。

また、スタディングの「マンション管理士+管理業務主任者」は、2019年度の受講申込であれば、引き続き2020年度もそのまま新講義が受講できます。

こちらも不合格の受講生に対してのフォローがしっかりとしています。

(注意:講座ごとに受講の有効期間が違うので、違う講座の時は都度ご確認ください)

私がフォーサイトを選んだ理由は合格実績とアナログさ

結局、私はフォーサイトを選びましたが、一番の理由は高い合格率です。

価格よりも資格試験は早く合格したいので、合格率を公表していて評判も良いフォーサイトに決めました。

もう一つの大きな理由は、ネット上だけでなく紙のテキストでも勉強したかったからです。

フォーサイトではeラーニングシステムの「道場破り」があります。

しかし、ネットだけでなくアナログな学習法も充実するのがフォーサイトの一番の強みです。

私の場合は、テキストをi-padにダウンロードして、前回に視聴した講義を復習がてら、出張中は見ていました。

携帯画面は小さすぎるので、私の場合は、当初はほとんど使いませんでした。

また、ネットの勉強は書き込みがやりにくいので、家に戻れば紙のテキストの方に要点を書き込んでいます。

私の場合は、演習ノートも紙に書く方が、頭に入りやすいです。

携帯画面を見るのがしんどい人は、スキマ時間は紙の単語帳をめくって覚えるのが有効です。

立ちっぱなしの時は、小さな単語帳の方が目が疲れないので便利です。

また、2020年度から始まる「不合格の場合は全額返金制度」は、最も講座選びで信頼できることです。

本当に受講生を合格させる自信が無いとできない制度なので、フォーサイトの強い信念と自信を感じます。

詳しくは >>>公式サイト「マンション管理士・管理業務主任者」で確認できます。

勉強法は人それぞれなので、自分に合う勉強法を見つけてください!

私の「マン管+管理業務主任者」の勉強体験記は >>>「私が宅建の次にキャリアアップを決意した理由」に続きます