動画講座の通信料金の解決策は?スタディングのSTUDYingアプリは本当に使える?

スタディングに限らないですが、携帯で動画の講義を視聴する時に困ることが、通信料金が高くなることです。

定額料金で、無制限にネットが使えるWifi契約をしていない限りは、心配です。

そんな受講生の悩みを解決するためにスタディングでは、2つのサービスを提供しています。

ここでは、スキマ時間をサポートしてくれるスタディングの嬉しいサービスを紹介します。

スタディングに専用アプリが登場。通信料金の問題が解決!

(画像引用:公式サイトスタディング

動画講義で必要になる通信容量は?

参考までに私が以前に運営元に質問した、動画視聴に必要な平均的な通信容量です。

1Gで利用可能な通信時間
動画 6~8時間視聴
音声 13時間

動画を平日2時間ずつ毎日視聴するとすると

20日 × 2時間 = 40時間

40時間 ÷ 6時間 = 約6.6G

通勤時間に、携帯から動画学習をするには、最低でも6G以上の通信容量が必要になります。

通話の制限容量を超えると、通常は再生速度が遅くなり動画視聴が難しくなるか、追加の料金が加算されます。

スタディング評判と口コミ:通信量はどれぐらいかかる?

受講生限定の通信料込のタブレットレンタルがあり

携帯容量の不足、画面が小さいなどが解決できれば、Eラーニングは、スキマ時間には最適です。

スタディングでは、有料講座を申込だ受講生に限り、タブレットレンタルサービスを用意しています。

通信料も含まれているので、新たにWi-fiや通話容量を増やす契約をしなくて済みます。

レンタル期間は自由で、必要な期間だけ利用することができます。

スタディング通信講座のタブレットレンタルサービス

(引用:公式サイト: スタディング「タブレットレンタルサービス はこちら)

これは、何と大容量高速モバイル通信込みで、1ヶ月3,780円で、タブレットが自由に使えるレンタルサービスです。

初月は何と半額の1,890円です!

(契約事務手数料1,080円は初月のみ必要。2ヶ月目から3,780円)

レンタルできるタブレットもハイスペックです。

フルセグTV搭載で、防水と防塵の保護があるので安心。

10インチの大きな画面で学習できるので、携帯よりも見やすいです。

スタディング評判と口コミ:タブレットは目が疲れない

レンタルできるタブレットのスペック

  • 約 幅250×高さ180×厚さ7.8mm
  • 重さ 約 545g
  • 約800万画素
  • 下り最大112.5Mbps
  • 7000mAH
  • 防水でフルセグ
  • カラーは2種類(ホワイト・ブラック)から選べる
  • 連続待受時間(静止時)4G LTE:約 725時間

スタディングタブレットレンタルサービス画像

(引用画像:スタディング公式サイトより)

高速4G/LTE通信(20GB)もあります。

平日(20日)2時間ずつ、十分な速度で大きなタブレット画面で講義が受けられます。

通勤時間に毎日約2時間、快適にスタディングの動画講座を受けられれば、スキマ時間も有効活用できます。

また、通勤時間の学習以外にも、タブレットは好きに利用することができ、いつでも気軽に解約できるので便利です。

もし、20GBを超えて通信速度が低速化した場合は、スタディングのカスタマーサポートへ追加データ量の購入ができます。

 詳しくはスタディング「タブレットレンタルサービス」

動画講義が全てアプリでダウンロード可能になる

そして2019年8月からスタディングの専用アプリ「STUDYingアプリ」がリリースされました。

これによって動画講義が全てネットからダウンロードできるようになりました。

あらかじめ通信料金の心配がないWi-fi環境で、動画講義をダウンロードし、携帯で再生するだけであれば、通信料金がかかりません。

スタディングのアプリ「Studying」

(アップルストアより無料でダウンロードできるSTUDYingのアプリ)

ダウンロードできるようになった事は便利ですが、まだ不便なこともあります。

このアプリは、iOSデバイス向けだけで、アンドロイドには対応していません。

さらに、リリースされたばかりなので、システム的にまだ不安定な印象があります。

STUDYingアプリの評判と口コミ

アプリの評価とレビューを見ていると、ダウンロードした人の評判は悪いです。

星の評価もわずか2.3/5です。

studyingスタディングアプリの評価とレビューは悪い画像

(引用:アップルストア:スタディングアプリより)

不具合が多いため残念した人

レビューを読むと、ダウンロードする気が無くなります。

ダウンロードから丸一日間使用しての感想です。

・ダウンロードした講義動画で再生速度を設定しても、次チャプター再生開始時に通常速度に勝手に戻る。(一時停止して再度再生ボタンを押せば設定した倍速で再生されるが)

・バックグラウンドでは動画のダウンロードが止まる。ダウンロードしかけたものは、完了していなくても再度ダウンロードができない。

・ダウンロード完了した動画で再生ボタンを押しても画面が真っ黒になり再生できないことがある。

・そもそもアプリ本体の動作が不安定で、よく強制終了してしまう。

(引用:アップルストア:スタディングアプリより)

便利なので、私も期待しましたが、リリースされたばかりなので心配な面もあります。

今後のアップデートに期待したいところです。

最低限の機能はクリア!これからに期待する声

しかし、悪い評判がある反面、便利さに期待する意見もあります。

スマホ学習うたってるのになぜアプリを出さないのかと思ってましたが、ようやく出ました。

 

内容としてはほぼwebのままのつくりですが動画をダウンロードできるだけでも価値はあります。

webテキストも講座ごとの中ではなく、webテキストとしての全体閲覧ページがあればいいのになと思いました。

 

(教科書的な位置づけで)。あとは別アプリなんかで簡単に一問一答や多肢選択の問題演習を行えるアプリがあったりしたら最高ですね。

とりあえず、ダウンロード機能があるので最低限はクリアというところでしょうか。

(追記)

やっぱりアクセスまでが早いかつ楽なので学習までのハードルがかなり下がり、アクセス頻度あがります。

そこを満たしてるだけでアプリ化の効果は十分ありますね!

(引用:アップルストア:スタディングアプリより)

ただ、動画が携帯にダウンロードできる事で、学習のハードルが下がることには間違いありません。

少しでも楽に勉強できることを追求するには、アプリは試してみる価値はありそうです。

スタディングの携帯アプリで通勤時間に勉強する女性のイメージ画像

(引用画像:スタディング公式サイト:CM「上司編」より)

結論!当面はタブレッドサービスの方が安心

Eラーニングをサポートするスタディングの2つのサービスを紹介しましたが、いかがでしたか?

私の意見は、「STUDYingアプリ」はダウンロードしても良いが、現状はタブレッドサービスを主に利用する方が安心です。

他にもタブレッドは、画面が大きいので学習しやすいことにも優れています。

勉強以外の目的でもレンタル期間であれば、自由に使えるので、Wi-Fi契約しているように日常生活で使えます。

スタディングも年々、進化しているので、これからアプリ改良にも期待できます。

スタディングについて詳しくは>>>【スタディング:STUDYing】評判と口コミをリピーター受講生が全講座を徹底紹介!

★ この記事に関してご質問・ご意見があればコメント欄にお寄せください
コメント欄

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする