不動産業界で独立を目指す宅建士にスタディング「コンサルタント養成講座」は役立つ?

コンサルティング業は、どの業界でも必ずある仕事で、宅建士を取得後に自分の強みを生かしてコンサルティング業を行う人もいます。

そして、不動産業界で独立開業したい宅建士の中には、開業の準備と共に事業計画を作る人もいます。

独立するにも事業計画などを作成せずに、行き当りばったりでも成功する人も中にはいますが、無計画は失敗する原因になります。

一般的に独立する人は、リスクや将来の計画まで綿密に立てる人の方が成功する確率高いです。

最近では副業や起業がブームなので、起業セミナーなどが多く開催されています。

そして、通信講座スタディングの「コンサルタント養成講座」でも事業計画が作れます。

スタディング「コンサルティング講座」は宅建士の独立に使える?

【スタディング】コンサルタント養成講座について

スタディングのコンサルタント養成講座は、コンサルタントの開業を目指す通信講座です。

「基礎期」⇨「応用期」⇨「実践期」と3つのステップで、開業に必要な知識を学びます。

スタディング評判と口コミ「コンサルタント養成講座」のカリキュラム

(画像引用:公式サイト:スタディング「コンサルタント養成講座」 より)

スタディングの動画ビデオ講座では、各単元を学習した後は、すぐに課題に取り組みます。

受講生はこのように実践的な課題をこなし、それを検証する添削指導で、「独立計画と、コンサルティング商品・ツールの完成」を目指します。
 

スタディング「コンサルタント養成講座」のタブレット学習例

(画像引用:公式サイト:スタディング「コンサルタント養成講座」 より)

スタディングでは、スマートフォン携帯やタブレットを利用したスキマ時間の活用で勉強が自然にできることが特徴です。

スタディングの特徴と受講生の満足度がわかる >>>「スタディングの口コミ・評判こちら

受講料金

講座名 料金
コンルタント養成講座 一括 ¥54,800(税込)

(分割例)月々 ¥2,868 × 24回から

受講料金は、ビデオ講義、添削指導、メール質問等が含まれています。

添削指導は、かなり充実しています。

ぎっしりと講師のコメントが返ってきます。

スタディング評判と口コミを検証:コンサルタント養成講座の添削指導

(画像引用:公式サイト:スタディング「コンサルタント養成講座」 より)

無料の体験講座も受講できるので、受講前に講師と自分との相性も良くわかります。

経営コンサルタントで人気の森講師がメール指導

スタディングの「 コンサルタント養成講座で」は、プロの講師に直接メールで質問・相談ができます。

講師から有益なアドバイスがもらえるので、専任コーチがつくようなものです

不動産業界で将来は独立を考えていて、コンサルタントになりたい宅建士には、嬉しいサービスです。

 詳しくは>>> 公式サイト:スタディング「コンサルタント養成講座」

コンサルタントの転職状況

コンサルタントの仕事内容は多岐にわたります。
 
企業や団体などの依頼を受けて、問題点を調査・分析することで原因を追究し、解決策を見つけます。 

必要な能力は、情報収集のノウハウや分析力、報告書を的確に作成する力、クライアントを説得する力なども求められます。

 
 
国家資格でもなく、何かの独占業務があるわけではないので、転職のためだけに、この講座を受講するメリットは少ないです。
 
 
スタディングの講座だけでは、コンサルタントの職で、転職に有利になるのも期待できません。
 
若い年代でコンサルタント業を志そうとすれば、有名大学でMBAを取得する方が、箔がつき転職に有利です。
 
MBAを取得しない人は、税理士や会計士など難関資格を取得する方が転職には有利になります。

コンサルタントの転職と新卒の就職状況

 
コンサルタントの企業側は即戦力を求める傾向が強いです。
 
よって若手や未経験の採用は少なく、大手外資系のコンサルタントの仕事になれば、新卒の就職から超激戦です。
 
高学歴であることはもちろん、優秀でないと採用されません。
 
 
コンサルの仕事は、クライアントに担当者の経歴を提出するので、相手に一目置かせて、任せたいと思うようなブランドが担当者に必要だからです。
 
 
有名なコンサルティング会社への就職が難しいのは、中途採用でも同じです。
 
並みの経歴では採用されませんし、年齢制限もあり、30代半ばまででないと採用されないです。
 
 
 
エリート集団であるコンサルティング会社は、年収も高いですが、裁量労働制で働く頭脳労働の上、かなり激務です。
 
数年勤めて、金融系や商社などに転職したり、独立する人も多いです。
 
 
コンサルタントの独立は、参入の敷居が低いです。
 
元手なしで独立もできて名刺の肩書をコンサルタントとするだけで誰でもなれます。
 
しかし、実際は仕事で多くの収入を得ている売れるコンサルタントになるのは難しく、それだけで食べていける人も少ないです。
 

不動産業界の宅建士がコンサルタントで成功する方法

各コンサルティング会社ごとに得意分野が異なります。
 
コンサルティング業務は、自分の実務経験と掛け合わせるのが、成功のコツです。
 
 
不動産業界で働く宅建士であれば、不動産に関するコンサルティングなどが、自分の強みをいかせます。
 
 
物件調査から企画運営まで、ディベロッパーのような立場で物件開発全般をアドバイスできる不動産系コンサルタントもいます。
 
 
 
さらに、自分が強みを発揮できる分野をアピールする必要があります。
 
不動産業界の経験と知識をいかして戦略、財務会計、組織人事、業務改善、ITなど、得意分野を担当することができます。
 
 
一般的に経営企画など財務会計関係の知識、またITの専門スキルがある人材は、安定したニーズがあります。
 
 
経験と実績が物を言う世界でもあるので、若いうちに会社へ入り経験を積む方がキャリアアップできます。

スタディングのコンサルタント養成講座で何を学ぶか?

この講座は、スタディングの他の資格取得講座に比べると知名度が低く何をするかわかりにくいです。

私の印象では、独立を考えている人が、自分の事業計画をブラッシュアップするには有効な講座だと思います。

事業を起こすには、大きく分けて3つのステップがあります。

Step 1)アイデアを考える

Step 2)計画を立てる

Step 3)事業を運用する

事業を運用する前に計画を立てる作業が事業計画です。

この事業計画を立てることから、実践するツール作りまでトータルに学べます。

スタディングのコンサルタント養成講座の 無料体験講座で、実際に講義内容が体感できます。

どのようなことが学べるのか?詳しくわかります。

>>スタディング公式サイト

★ この記事に関してご質問・ご意見があればコメント欄にお寄せください
コメント欄

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする