スタディングの評判と口コミ【賃貸不動産経営管理士】に挑戦する宅建士が多い理由とは

スタディングでは、宅建士資格以外に賃貸不動産経営管理士にも挑戦する受講生がいます。

賃貸不動産経営管理士は、賃貸不動産管理に関するスペシャリストのお墨付きの資格です。

賃貸住宅を扱う宅建士が取得すると良い不動産業界でも注目の資格の一つです。

また、宅建士やマンション管理士とは違い、基礎問題が多く出題され合格しやすい資格なので、勉強の成果が報われやすいです。

平成19年度に資格制度が開始され、平成28年9月の賃貸住宅管理業者登録制度の改正により、賃貸不動産経営管理士に重要な役割が付与されました。

近年、主要都市圏の地価高騰や50代以下の世代の持ち家志向の低下しています。

代わりに賃貸住宅の住環境が良くなったことから、賃貸住宅の需要が高まっています。

よって賃貸住宅の管理に関して公正な立場で業務が行える適切な知識や技能を持つ専門家は、ますます社会的に必要とされています。

ここでは、賃貸不動産経営管理士の合格率が高いスタディングの通信講座について紹介します。

【賃貸不動産経営管理士】スタディングの口コミと評判から賃貸住宅を扱う宅建士に必見の理由とは?

スタディングの賃貸不動産経営管理士でスキルアップ

スタディングの口コミと評判を読むと、宅建士に合格を果たした受講生が、スキルアップに励んでいます。

出題分野が重複するので、宅建士に合格していれば、取得しやすい資格です。

3年前、宅地建物取引士に合格していて、賃貸不動産経営管理士、管理業務主任者の出題範囲が重複していた為、どちらを受講しようと迷いましたが賃貸不動産経営管理士が最近出来た資格で俺なら合格することが出来ると思い受講しました。

(引用元:スタディング「賃貸不動産経営管理士 」合格者の声)

賃貸不動産経営管理士」は、「宅建士」「マンション管理士」や「管理業務主任者」に比べて知名度は高くありません。

ただ、専門性の高い資格を取得する努力ができる人は、それだけ知識も肩書きも増えるので年収アップにも繋がりやすいです。

資格ばかりを取得していても仕方がないという意見もありますが、試験勉強をする事で集中して知識習得ができます。

特にまだ、取得者が少ないけれど、今後伸びる可能の分野の穴場の資格はチャンスです。

賃貸不動産の需要も増加している日本では、近い将来は国家資格になるとも言われています。

賃貸不動産経営管理士は賃貸住宅を扱う宅建士には有利

賃貸不動産を扱う宅建士であれば、賃貸不動産経営管理士は、不動産業務にすぐに役立ちます。

賃貸住宅管理業者登録制度では、適正な管理業務の促進のため、一定の業務を賃貸不動産経営管理士が行うことになっています。

 賃貸住宅管理業者登録制度とは、国土交通省が賃貸住宅の借主・貸主の利益保護を図るため、管理業者に賃貸住宅管理業務に関する一定のルールを設けた任意の登録制度です。

(引用:「賃貸不動産経営管理士」より)

簡単に説明すると、貸す人と借りる人を結ぶ賃貸住宅管理業の登録制度です。

下記の図の通り、借主と貸主の仲介をする立場が管理業者です。

不動産業務:賃貸住宅管理業者のルール

(引用:「賃貸不動産経営管理士」より)

この登録業者は、事務所ごとに1名以上の賃貸不動産経営管理士等を置くことが義務付けられています。

登録事業者が貸主との管理受託契約を締結する時は、資格取得者か6年以上の実務経験でなければできなくなりました。

宅建士には、不動産取引契約で重要事項の説明など宅建士にしか行うことができない独占業務があります。

賃貸不動産経営管理士を取得することは、その強みにさらに、賃貸住宅の専門家としての付加価値がつきます。

宅建士があれば賃貸不動産経営管理士に登録条件を満たす

試験合格後に、 賃貸住宅管理業者登録制度で登録の条件を満たすには下記のどれかが必要になります。

・宅建建物取引業の交付を受けている人

・協議会が認める賃貸不動産業務関連に2年間以上、従事している人

宅建士であれば、登録の条件を満たすことができます。

賃貸不動産経営管理士の主な業務の流れ

下記の業務全般に深く関わることになります。

・管理業務委託契約

・入居者募集〜契約(主に媒介契約)

・管理業務(契約期間中と終了)

重要事項の説明や契約書の署名捺印など、賃貸住宅に係るトラブルを防止するために重要な役割を担っています。

マンションであれば、原状回復工事や大規模な建て替え工事を主導する立場にもなります。

また、オーナーへの管理業務報告だけでなく、時には節税や相続に関する相談事も受けることがあります。

賃貸不動産経営管理士を取得するメリットと弱み

まず、有資格者であることは、賃貸管理のプロとしてお墨付きがあるので、入居者やオーナーから信頼が得られやすいです。

成長産業である賃貸不動産業界で、他の賃貸業者と差別化ができます。

弱みは、まだ国家資格ではない、宅建などに比べて知名度が低いことです。

宅建士などの資格と複合で取得すると威力を発揮する資格です。

賃貸不動産経営管理士の試験内容

賃貸不動産経営管理士の試験は、他の不動産系の資格と同様に年に一度行われます。

試験日時 令和元年11月17日(日)
試験時間 13:00 ~ 14:30(90分間)
出題形式四肢択一、40問
受験料 12,960円[税込]

年齢、性別、学歴等に制約なし

賃貸不動産経営管理士の合格率

賃貸不動産経営管理士の合格率は、他の不動産の国家資格に比べると合格率も高く取得しやすいです。

【平成30年度】

受験者数

18,488名  

合格者数

9,379名

合格率

50.7%        

(参照「賃貸不動産経営管理士・試験結果統計」より)

合格者の平均年齢は、40歳です。

平均年齢 平均年齢 前回平均年齢
全体 40.2歳 40.5歳
男性 40.9歳 41.0歳
女性 38.5歳 39.3歳

これは、不動産業界で、実務経験を積んだ世代が、ステップの資格として取得する傾向が強いことがわかります。

また、賃貸不動産業界は、若い世代だけでなく、年配の人生経験が豊富な方が、仕事をするのにも有利なことにも関係していると考えられます。

また、2日間の講習会を受講して4点免除になった受験生の方が、合格率が高いです。

平成30年度の試験であれば、講習会を終了した受講生の合格率は53.7%と3%も上がりました。

ただ、今までは比較的易しい基本的な問題が中心に出題されていましたが、年々、合格率は下がる傾向があります。

今後は、難易度が上がり、合格率も下がることが予測できます。

賃貸不動産経営管理士と相乗効果がある資格

不動産系の資格であれば、相乗効果があります。

宅建士、マンション管理士、管理業務主任者などの複合資格で組み合わせると、より専門性が高まります。

参考までに他の不動産系資格と比較してみます。

  賃貸不動産経営管理士 宅建士

管理業務

主任者

マンション

管理士

試験形式 全40問 四肢択一(マークシート)全50問
免除対象者 4点免除 5点免除
2日間の登録講習の修了者

登録講習修了者

(修了年を含め3回分有効)

マンション管理士試験合格者

生涯有効

管理業務主任者試験合格者

生涯有効

試験日程 11月 10月 12月 11月
合格基準点(2018年) 28問/40問 37問/50問 35問/50問 38問/50問
合格率 50.7%

15.4%

22.5% 7.9%
出題分野 賃貸管理業務全般の知識、賃貸借契約、建物・設備の知識 民法 民法・区分所有法等
宅建業法 規約・会計等
法令上の制限 維持・保全等
税・その他 適正化法等
業務内容

・賃貸管理業務全般。

賃貸住宅に係るトラブル防止

・不動産取引の35条重要事項の説明、37条の契約

・管理委託契約に関する重要事項の説明や管理事務報告を行う ・マンション管理組合の運営、コンサルティング業務、問題解決のサポート

★ 2020年の賃貸不動産経営管理士の試験は、四肢択一(マークシート)全50問になります。講習会の修了者は、5問が免除されます。

【賃貸不動産経営管理士】スタディングの通信講座とは?

スタディングの賃貸不動産経営管理士の講座について以下、紹介していきます。

スタディング(Studying)の特徴

スタディング賃貸不動産経営管理士の通信講座

(引用:スタディング公式サイト)

詳しくは>>【スタディング】賃貸不動産経営管理士講座

スタディングの賃貸不動産経営管理士の講座を担当するのは、宅建士やマンション管理士の主任講師でもある竹原講師です。

竹原講師は、不動産系の資格や行政書士などで多くの合格者を輩出してきたベテラン講師です。

時間が無い受験生のために、試験に出題される重要ポイントを中心にわかりやすく教えてくれます。

スタディング(Studying)の講座内容と料金

比較的、難易度が低い資格なので18講座に絞られ、受講料金も14,980円と安いです。

お得なキャンペーン中で割引があります。

公式サイト【スタディング】賃貸不動産経営管理士講座で、確認してみてください。

教材内容 テキスト

ビデオ/音声講座(18講座* 合計約8時間30分*)
(税込)
WEBテキスト/スマート問題集/セレクト過去問集/

オリジナルテキスト、問題集付き

講義
受講料

一括¥14,980 (税込)5月末までは、¥13,980
分割例 月々 ¥1,349 × 12回から

サポート体制 質問機能は特に無し
オプション

無し

割引キャンペーン

スキルアップ割引制度(スタディングの別講座を受講する時に割引になる)

合格祝い金・キャッシュバック

合格お祝い金 最大¥3,000が返金

翌年の保証 未定
教育訓練給付制度指定 無し
スタディングがおすすめの人

・合格に必要な重要項目を最低限の分量で割安な価格で受講したい方

・合格に必要な知識を速習したい人

★ 受講生の満足度を知りたい時は、【スタディング:STUDYing】評判と口コミをリピーター受講生が全講座を徹底紹介!

スタディングの講座で証明された効果的な勉強法のヒントがわかります。

★ この記事に関してご質問・ご意見があればコメント欄にお寄せください
コメント欄

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする