【スタディング】FPの評判と口コミから不動産系資格とダブル取得される理由を検証

スタディングの合格者の口コミを読んでいると、FP不動産系資格の両方を取得するリピーター受講生が目につきます。

FPとは、ファイナンシャルプランナーの略称で、お金の相談に乗ってくれる専門家の資格です。

実は、このFPの出題範囲になる金融の知識は、不動産の仕事には、不可欠だからです。

FP資格には、国家資格の「FP技能士」と民間資格「AFP, CFP」の2種類があります。

「FP技能士」には、難易度が高い順に1級、2級、3級と3段階のレベルがあり、「2級FP技能士」と民間資格「AFP」は同程度の難易度と評価されています。

FP資格の種類と難易度の表(スタディングFP講座の評判と口コミ)

(引用:ユーキャンのファイナンシャルプランナー(FP)講座 より)

企業の間で知名度が高く、転職や就職に優位なのは、国家資格「FP技能士」2級以上のレベルからです。

簿記検定3級と同じで、3級FP技能士は、比較的簡単に取得もできるので、初心者の入門資格程度の評価しかありません。

FP2級は、銀行や保険、証券などの金融業界、住宅メーカーや不動産業界などの業界で、幅白く役立ちます。

ここでは、不動産系資格とダブル取得すると相乗効果がでるFP(ファイナンシャルプランナー)の仕事や資格について解説!

またスタディングのリピーター受講生の口コミと評判からスタディングFP2・3級講座を徹底紹介します。

スタディング(Studying)FP講座の評判と口コミを検証

 スタディング(STUDYing)評判:FP+不動産系の資格

スタディングFPの合格者の口コミと評判を読むと、不動産の資格とFPをダブル、トリプル取得している人がいます。

スタディングの合格者の体験記には、資格合格の快進撃が続く受講生の喜びの声が寄せられています。

マンション管理士に続きFP2級に合格した S Iさん

前年にマンション管理士の資格の勉強をしており、その際にこちらの講座を利用させていただき、無事に合格することができた。

その成功体験があったため、今回のFP2級の試験についても、本講座を利用させていただくこととした。

試験範囲が多く重複するのではないので、ダブル取得は大変ですが、マンション管理士や宅建士などの国家資格と掛け合わせれば大きな武器になります。

わずか1ヶ月の短期間で、FP2級まで続いて合格した受験生もいます。

賃貸不動産経営管理士・FP3級に続きFP2級に合格した Y Tさん 

https://nicejoblife.com/Studying_FP_goukaku貸不動産経営管理士・FP3級に続いて、今回のFP2級もお世話になりました。

仕事をしながらなので、勉強にまとめた時間をとれなく、本講座を利用して隙間時間を有効活用出来て勉強することができ、毎回、1ヶ月という短期間の勉強で合格させていただき本当に有難うごさいます。

(引用元:スタディング「FP」合格者の声) スタディング口コミ評判

宅建士に合格後にFPをめざす 車本智里さん

色々教材に手を出しましたが、一番お世話になったのはこの教材でした。

次はFPの教材を購入しようと思っています。

(引用元:スタディング「宅建士(宅地建物取引士) 合格者 スタディング口コミと評判

スタディングの口コミと評判を読んで感じる合格者の特徴は、現状に満足せずに向上心があることです。

W資格をめざすリピーター受講生達は、よりキャリアアップと知識習得を目標にしているので、さらに実力がつきます。

私も経験があるのですが、資格の合格という成功体験が一度できれば、次も合格できる自信ができます。

それは、試験勉強のコツを習得すると、別の試験でも再現できるからです。

仕事でも同じですが、一度、成功体験のコツを習得すると、さらに人生でステップアップできる好循環のサイクルが生まれます。

FP(ファイナンシャルプランナー)の仕事とは

FP(ファイナンシャルプランナー)の仕事の多くは、個人や中小企業の相談に応じることです。

FPが相談にのる金融関係の内容は、多岐にわたります。

1. ライフプランニングと資金計画
2. 金融資産運用
3. タックス(税金)のプランニング
4. リスク管理
5. 不動産
6. 相続・事業承継

資産に関する情報をプロの目から正確に分析し、資金計画を立て、資産設計のアドバイスを行い、個人ができる節税の方法などもアドバイスします。

時には、メタボ気味な支出を減らすように指摘するなどの役割もあるので、家計のお医者さんのような存在でしょうか。

常に新しい金融知識が求められるので勉強は大変ですが、相談業務で頼りにされるのでやりがいもあります。

スタディン評判;FPの効果

中立的な立場でお金の助言をするFPの役割は重要

ライフプラン(=生活設計)が必要でない人はいないので、FPの役割は重要です。

ポートフォリオ(投資バランス)を作成して、ライフプランを実現する資産設計をアドバイスします。

FPには、中立的な立場で客観的なアドバイスが求められます。

年金、保険、金融資産運用、不動産の分野など、日本には専門家でないとできない仕事もあります。

相談内容によっては、弁護士、司法書士、税理士、行政書士などの協力体制が必要です。

適切に相談者を各専門家へつなげるような助言する役割もあります。

FPと宅建士など不動産系のW資格者が必要な理由

ファイナンシャルプランナーは、宅建士やマンション管理士などの不動産系の資格とも相性が良いです。

とりわけ住宅ローンなど不動産に関する支出は大きく、一生のうちで最も重要な問題の一つです。

不動産系資格と相乗効果として、お金の相談にのれる専門家FPを取得すると、より専門性が高まりキャリアアップにつながります。

特に不動産会社、建設会社など土地建物の取引・建築・相談業務に関する仕事をしている人にも、FPの金融面の知識は求められます。

住宅ローンの支払いなど、お金の問題を解決しない限り、マイホーム購入や不動産投資などの取引は進みません。

家計簿診断から始まり、返済計画までアドバイスできれば顧客の信頼を得ることができます。

FP資格者が活躍できる仕事例

FPは、企業に所属して社内FPとして、従業員向けの相談やライフプランセミナーを行う仕事につく人もいます。

相談の申込みがあると、福利厚生や職位などのデータをもとにキャッシュフロー表などの資料を作り、相談に乗ります。

マネーの視点からアドバイスする人事のコンサルタントのような立場になることもあります。

また、お客様のマイホーム購入時などに、要望や問題点の聞き取り、土地紹介や間取り・資金計画の提案を行う仕事で活躍するFPもいます。

この場合は、ローンの融資先の銀行など金融機関への打診、契約までをサポートします。

これ以外にも独立開業して活躍するFPも少なくありません。

個人事業で保険や銀行の営業を行なっている人は、FP取得者も多いです。

基本、独立開業している人は、FP+別の専門分野(不動産系や法律系資格など)がある人が多いです。

自分の強みを生かして活躍している人が成功しやすいのは、どの業界で独立するのにも同じです。

また、お金に関する相談業務を個人的に請けるだけでなく、講師、執筆や相談会などでFPに声がかかることもあります。

スタディング評判と口コミFP講座:FPの仕事

FPを取得するメリットと弱み

FPは、宅建士と同様に女性が多く活躍できる国家資格でもあり、一度取得すると一生使えます。

企業で経験を積んでから、独立して活躍している女性も多いです。

そして、家計の見直しやライフプランニングの相談は、自分の生活体験が強みにもなります。

子育てを経験した主婦や介護で苦労した経験などがある人の方が、相談者の悩みがよく分かるので、良い助言ができます。

ただ、資格者の数が増えすぎると、供給過多になり将来は仕事がなくなるのでは?
と不安に思う人もいるのではないでしょうか?

この将来性に関しては、さまざまな意見があります。

経済分野の国家資格だから、応用できる業務内容は幅広く、将来も必要とされる有望な資格であると、評価はされています。

何よりも、金融知識を持ち、家計の見直しなどを自分でできるようになるのは、仕事だけでなく生活にも役立ちます。

FPの大変なところは、金融制度などが目まぐるしく変化することです。

試験勉強で覚えた知識だけでは対応できません。

資格取得に安住せずに、常に最新の情報を収集する必要があり、他の資格よりも取得後の勉強が大変な資格です。

FP(ファイナンシャルプランナー)の試験とは?

ここでは主に知名度が高い国家資格「FP技能士」の試験制度について書きます。

ファイナンシャル・プランニング技能検定は、年に3回開催されます。

簿記検定と同様に、年間、何度も挑戦できるのが嬉しいです。

FP(2019年度)の試験日程

2019年度のファイナンシャル・プランニング技能検定の日程です。

2級と3級は、学科と実技試験があります。

FP(ファイナンシャルプランナー)試験日程

(引用:日本FP協会より)

3級も2級も試験時間が同じなので、同日に両方の資格試験を受験することはできません。

実技試験が2級の方が3級に比べて30分長いです。

3級 学科試験 10:00~12:00(120分) 実技試験 13:30~14:30(60分)
2級 学科試験 10:00~12:00(120分) 実技試験 13:30~15:00(90分)

FPの合格率と難易度

FP2級の合格率は、簿記検定2級に比べると高いので、比較的、取得しやすい資格とも言えます。

合格率は多い年では40%以上なので、頑張れば成果が出せる資格です。

FP(ファイナンシャルプランナー)の試験範囲

試験は、総合的な金融知識が問われます。

顧客のライフスタイルや経済環境を把握する力を身につけるよう、6分野に渡り出題がなされます。

★ 過去の試験問題と解答は「日本FP協会」の公式サイトでダウンロードできます。

スタディング【FP】講座は口コミと評判通りか?

短期間でFP試験に合格した人々の勉強法を徹底的に研究しているのがスタディングの講座です。

特にターゲットにしているのは、忙しく勉強時間がない人です。

リピター受講生の立場から、一度、体験するとまた受講したくなるスタディングの学習メソッドの秘密を探ります。

スタディング(Studying)FP講座の特徴

FP2級と3級の合格コースが充実しています。

合格に必要な最低限の知識が学べる分量が絞られた講義で、料金も抑えられています。

  【スタディング(Studying)FP講座内容と料金】

FP3級・2級セットコース [2019年5月~2020年1月試験対応版]

一括 ¥32,980(税込)

基礎から学ぶ人対象
本コースには、学科試験向けと実技試験向けの対策講座あり
【3級・2級模擬試験付】

FP2級合格コース [2019年5月~2020年1月試験対応版]

一括 ¥29,980(税込)

FP2級合格を目指す方向け 【2級模擬試験付】

FP3級合格コース [2019年5月~2020年1月試験対応版]

一括 ¥3,980(税込)

FP3級のすべての科目の講座が含まれるコース

FPを初めて受験する人は、基礎から応用まで学ベる「FP3級・2級セットコース 」がおすすめです。

CFP(R)講師による実技試験対策講座がつき、模擬試験もあるので試験対策に十分な内容です。

★ 講座内容について詳しくは >>> スタディング「ファイナンシャルプランナー・FP」

演習問題が少ない問題は、市販の問題集で解決できる

スタディングのFP講座では、合格できる最低限の分量に絞っているので、その良さを逆に不安に感じる受講生もいます。

多くの人が指摘する弱点は、演習問題が少ないとも言われることです。

ただ、この問題も解決できます。

過去問題集は、別に購入して勉強する受講生はFP講座でもいました。

通勤講座(現:スタディング)で(FP)3級、2級を受講し、合格しました。
少なくとも3級は、スタディングだけで全く問題ないです。

2級も、問題集だけ市販のものや過去問サイトを利用しましたが、講座は通勤講座だけです。

受講しての感想は、合格に必要な最低限を重視しているなと言うことと、先生の話が聞きやすいということです。

(引用:「yahoo知恵袋」より)

実際にスタディングをどのように活用して勉強できるか?は、体験者の意見が一番参考になります。

 スタディングの講座について受講生の評価は >>>【スタディング:STUDYing】評判と口コミをリピーター受講生が全講座を徹底紹介!

スタディング(STUDYing)の主任講師の島田講師とは

FP講座を担当する島田講師は、2011年度からスタディング FP講座の教材開発にも参加しています。

スタディング(Studying)FP通信講座の主任講師

元は中小企業診断士の一次試験が終了後に、通勤講座(スタディング)の運営元であるKIYOラーニングとの出会いで、講座講師を担当する事になりました。

資格取得は合格後から実務を初めてこそ本当のスタートなので、スタート前に余計な労力とコストをかけて欲しくない。

この教材開発にも島田講師の受験生を思いやる熱い想いが込められています。

島田講師の経歴をみると、実務経験も豊富な人です。

AFP、中小企業診断士

1973年生まれ。

大阪工業大学経営工学科卒業。大手飲食チェーンにて様々な部門の責任者を任される。

その後M&Aを担当し、グループの小売事業・製造業の建て直しや海外新規事業開発など多岐にわたって経営に携わる。

人材育成においては個人の長所を生かす育成を行い、多数の幹部社員を育成。2009年から仕事とは別に個人が自分の希望する人生を実現するために、気軽に専門家のサービスを利用できる環境・インフラ作りを目指して活動中。

(引用:スタディング公式サイトより)

★ この記事に関してご質問・ご意見があればコメント欄にお寄せください
コメント欄

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする